【ポケモンGO】ボーマンダとメタグロスは何時間で作れる? 強風時に全力で集めてみた!


ポケモンGO(Pokémon GO)』にて、2月9日にドラゴンタイプとひこうタイプのポケモンが追加されました。
その中でも、今回特に注目されているのが「ボーマンダ」と「メタグロス」ですよね。

この2匹の進化前である「タツベイ」と「ダンバル」は野生ではなかなか出会うことができないレアなポケモンでもあります。
第一世代の「ミニリュウ」や第二世代の「ヨーギラス」と同じようなポケモンですね。

集めにくいこの2匹ですが、第三世代から追加された新機能の「天候」をうまく使えば、特定のタイプのポケモンが非常に集まりやすくなります。
タツベイとダンバルが出やすくなる共通の天気は「強風」なので、今回は強風のタイミングを狙って一気にこの2匹を集めたいと思います!

強風のタイミングを見定めよう

普段ポケモンGOをプレイしている人は、滅多に出会うことのない天気の「強風」ですが、実は海辺だと特に珍しい天気ではありません。
ポケモンの聖地であるお台場は海が近く、少しでも強い風が吹くと天気が強風になります(天気予報で風速5mくらいが目安)。

タツベイとダンバルは、強風にならないとほとんど出現しないので、強風のタイミングをしっかりと見定めるのが重要ですよ!

強風時にお台場でタツベイとダンバルを捕まえてきた

筆者がプレイしたこの日は風が少し強めの日だったので、早速聖地お台場に向かうことに。
お台場に着いて天気を見ると強風になっており、早速1匹目のダンバルをゲット。


すぐ近くにもう1匹のダンバルを発見。そのすぐ近くにもダンバルがいました。
強風の恩恵を感じながらこの調子で一気に集めます!


ダンバルを6匹捕まえたところで、ようやくタツベイが現れてくれました。
お台場ではダンバルよりタツベイの出現数が少し低いようですね。


タツベイを捕まえた直後に10kmタマゴが孵化してまさかのタツベイ!
10kmタマゴからゲットできるアメの数は16〜32個なので、一気に大量のアメをゲットできますよ。

今回手に入れたアメの数は最大の32個だったのでかなりラッキーでした。


その後もダンバルと捕まえながらたまに出てくるタツベイをゲットしつついいペース集めていきます。
この調子だとタツベイより圧倒的に早くダンバルが集まりそうな予感……。


そして、このタイミングでまさかの色違いココドラ! ワンチャン狙いで出てくるココドラを全て確認していた甲斐がありました(笑)。
ココドラに出会った数は40匹ほどだったのでかなり運が良かった方かもしれないですね。


この後にタツベイとダンバルを捕まえたところで、「パイルのみ」が無くなってしまう事件が発生! 大ピンチ!
急遽パイルのみを集めるために1時間ほどポケストップをひたすら回すことに。


この時に孵化したタマゴからは、300個ほど孵化しても生まれなかった「ルリリ」とようやく出会える奇跡が起きました!(300個だから必然なのかもしれない……。)
この2日前に「ソーナノ」も生まれたのでようやくタマゴ難民からは卒業です(笑)。


無事にパイルのみが集まったので再開すると、ダンバルの進化系の「メタング」に遭遇!
パイルのみを2個使いましたが捕獲できなかったので、怖くなり「きんのズリのみ」を使って確実に捕獲することにしました。


ここでメタグロスに必要なダンバルのアメが集まったので、タツベイ集めをメインにプレイすることにしました。
いろいろと調べると、タツベイはお台場ではなく新木場方面で多く出現する情報があったので、早速移動します!

移動後にこの日4匹目のタツベイをゲットしました。


ここからは調子が良く一気に複数のタツベイをゲットできました!
スクショしてないものも含めると30分で4匹のタツベイをゲットできました。


そして、この日2個目10kmタマゴまさかの2連続でタツベイが生まれる奇跡……!
野生のタツベイはあまり捕まえていませんが、ここでボーマンダにするためのアメが集まりました。


今更ですが、新木場についてから天気が強風ではなく晴れになっていることに気がつきました(笑)。
強風状態だともっと早くタツベイが集められそうですね!

強風状態では何時間でボーマンダとメタグロスは完成した?

メタグロスのアメは55個の状態からスタートして、1時間半で120個(ダンバルをアメに変えると132個)だったので、1時間半で77個のダンバルのアメをゲットできました
なので、このまま続けていれば約2時間半プレイするとメタグロスに進化できるという計算になりますね。

次にボーマンダですが、6個の状態からスタートして、2時間15分で117個(タツベイをアメに変えると126個)だったので、2時間15分で111個のタツベイのアメをゲットできました
なので、このまま続けていれば約2時間半プレイすればボーマンダに進化できるという計算になります。

しかし、タマゴから生まれたタツベイの影響が大きかったので、これをなしとして計算すると、タマゴなしでは約6時間プレイすればボーマンダに進化できるという計算になりました。

Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 302.5 MB
・バージョン: 1.61.1

© 2016-2018 Niantic, Inc.
© 2016-2018 Pokémon.
© 1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

この記事も見られてます

ハロウィン2020情報はここ!


メガシンカ最新情報はこちら!


ポケモンGOの最新記事はこちら

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!