新iPhone X Plusはランドスケープモード搭載? iOS 12からアイコンも見つかる

iPhone X Plus(仮称)」と呼ばれている今年発売される6.5インチの有機ELディスプレイモデルのiPhoneに、ランドスケープモードが搭載されているとブラジルのメディア『iHelp BR』が伝えています。


画像引用元:iHelp BR

ランドスケープモードとはiPhoneを横向きにしたときに画面を分割表示できる機能で、『iPhone 6 Plus』以降の大画面iPhoneに搭載されていました。

今年からは一番大型の『iPhone X Plus』に搭載されるようです。ランドスケープモードを使うことで、カレンダーやメール、連絡先などの管理がしやすくなります。


画像引用元:iHelp BR

また、このモードを利用できる『iPhone X Plus』の解像度は、『iPhone X』の2,436×1,125ドットよりも大きい2,688×1,242ドットを備えているとのことです。

開発者向け『iOS 12』からアイコンも発見

そのほか『iPhone X Plus』については、アプリ開発者のGuilherme Rambo氏が次期『iPhone X』、新型『iPad Pro』とともにアイコンを発見しています。

『iPhone X Plus』は次期『iPhone X』と比べて、サイドに大きなボタンが出ているのが特徴的です。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!