【iOS12】アプリの使用時間が丸わかり! 利用制限もできる新機能「スクリーンタイム」とは?


iOS 12』から、アプリの使用時間を確認したり使用を制限したりできる新機能「スクリーンタイム」が追加されました。

「スクリーンタイム」ではどのような機能が使えるのか?

サクッと紹介します。

スクリーンタイムを設定する場所は?

「スクリーンタイム」は【設定】アプリ内から設定できます。


「スクリーンタイムをオンにする」をタップ。


「続ける」をタップします。


「スクリーンタイム」を使用するiPhoneは自分用、子供用で設定ができます。
今回は自分用として設定します。


スクリーンタイム設定画面

「スクリーンタイム」の設定画面では、自分のiPhoneの使用時間がグラフで表示されます。


iPhoneの名前をタップすると、より詳しく利用時間のチェックができます。


休止時間やアプリの使用制限などは、トップの設定画面から行えます。

休止時間

休止時間はいわゆる「おやすみモード」です。
夜間や仕事中のスマホを制限できます。


App使用時間の制限

「App使用時間の制限」ではカテゴリごとにアプリの使用時間を制限できます。
個別の制限はできないようです。
個別アプリごとの制限は自分のiPhoneをタップしたときに表示される画面から行えます。


使用時間制限は1分単位からできます。


また、曜日別にも設定できます。


常に許可

「常に許可」ではつねに使用を許可するアプリを設定できます。
この設定を行ったアプリは休止時間中も利用できます。


コンテンツとプライバシー制限

「コンテンツとプライバシー制限」ではコンテンツ制限やプライバシーの保護ができます。


「スクリーンタイム」を使うと、自分がどのアプリにどれだけ時間を使っているのかわかります。
いわゆる「中毒」にならないよう、たまに振り返ってみると良いと思います。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!