Appleが『Pages・Numbers・Keynote・iMovie』のトラックパッド対応アップデートをリリース

Appleが『Pages』、『Numbers』、『Keynote』、『iMovie』のアップデートをリリースしました。

『iPad OS 13.4』のMagic Keyboardやトラックパッドに対応


Appleは同社アプリ『Pages』、『Numbers』、『Keynote』、『iMovie』において、『iPad OS 13.4』から利用できるMagic Keyboardやトラックパッドに対応するアップデートを3月31日に実施しました。

それぞれのアップデート内容は次のとおり。

『Pages』バージョン 10.0

  • 書類を操作する新しい方法として、Magic Keyboard、マウス、またはトラックパッドを接続したiPadでPagesを使用できます。iPadOS 13.4が必要です。
  • バラエティに富んだ新しい魅力的なテンプレートでらくらくスタート。
  • Pages書類をiCloud Driveの共有フォルダに追加すると、共同制作を自動的に開始できます。 iPadOS 13.4またはiOS 13.4が必要です
  • ドロップキャップを追加して、大きく装飾的な1文字目で段落を目立たせることができます。
  • すべての書類の背景にカラー、グラデーション、またはイメージを適用できます。
  • タッチして押さえたままにしてから複数のオブジェクトの上をドラッグすると、それらのオブジェクトを選択できます。
  • デザインが一新されたテンプレートセレクタで、最近使ったテンプレートに簡単にアクセスできます。
  • 書類のPDFを、コメントも含めてプリントしたり書き出したりできます。
  • オフライン中に共有書類を編集すると、オンラインに戻ったときに変更内容がアップロードされます。iPadOSまたはiOS 13以降が必要です。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使って書類の魅力を高めることができます。

『Numbers』バージョン 10.0

  • スプレッドシートを操作する新しい方法として、Magic Keyboard、マウス、またはトラックパッドを接続したiPadでNumbersを使用できます。iPadOS 13.4が必要です。
  • かつてない数の行や列を含むスプレッドシートを作成できます。
  • すべてのシートの背景にカラーを適用できます。
  • NumbersスプレッドシートをiCloud Driveの共有フォルダに追加すると、共同制作を自動的に開始できます。 iPadOS 13.4またはiOS 13.4が必要です。
  • オフライン中に共有スプレッドシートを編集すると、オンラインに戻ったときに変更内容がアップロードされます。iPadOSまたはiOS 13以降が必要です。
  • タッチして押さえたままにしてから複数のオブジェクトの上をドラッグすると、それらのオブジェクトを選択できます。
  • デザインが一新されたテンプレートセレクタで、最近使ったテンプレートに簡単にアクセスできます。
  • スプレッドシートのPDFを、コメントも含めてプリントしたり書き出したりできます。
  • 図形の中のテキストにドロップキャップを追加できます。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使ってスプレッドシートの魅力を高めることができます。

『Keynote』バージョン 10.0

  • プレゼンテーションを操作する新しい方法として、Magic Keyboard、マウス、またはトラックパッドを接続したiPadでKeynoteを使用できます。iPadOS 13.4が必要です。
  • KeynoteプレゼンテーションをiCloud Driveの共有フォルダに追加すると、共同制作を自動的に開始できます。 iPadOS 13.4またはiOS 13.4が必要です。
  • オフライン中に共有プレゼンテーションを編集すると、オンラインに戻ったときに変更内容がアップロードされます。iPadOSまたはiOS 13以降が必要です。
  • バラエティに富んだ新しい魅力的なテーマでらくらくスタート。
  • タッチして押さえたままにしてから複数のオブジェクトの上をドラッグすると、それらのオブジェクトを選択できます。
  • デザインが一新されたテーマセレクタで、最近使ったテーマに簡単にアクセスできます。
  • プレゼンテーションのPDFを、コメントも含めてプリントしたり書き出したりできます。
  • ドロップキャップを追加して、大きく装飾的な1文字目でテキストを目立たせることができます。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使ってプレゼンテーションの魅力を高めることができます。

『iMovie』バージョン 2.2.9

  • Magic Keyboard、マウス、またはトラックパッドを接続したiPadとiMovieの組み合わせにより、まったく新しい方法でムービーや予告編を作成できます(iPadOS 13.4が必要です)
  • クリップを選択した状態で、キーボードショートカットを使用して、次の5つのインスペクタモードを切り替えることができます: アクション、速度調整、ボリューム、タイトル、フィルタ
  • キーボードショートカットでビデオをすばやく時計回り/反時計回りに90度回転させることができます
  • サウンドトラックリストの上にある“すべてをダウンロード”ボタンをタップして、付属のサウンドトラックを一度にダウンロードできます
  • PNG、GIF、TIFF、およびBMP形式のファイルをムービーに追加できます
  • パフォーマンスと安定性が向上します

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「App Store」より

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!