Apple、天気予報アプリ1位『Dark Sky Weather』を買収。アプリの天気機能が強化される?

Appleがアメリカで人気の天気予報アプリ『Dark Sky Weather』を買収しました。

Appleが天気予報カテゴリ1位のアプリを買収


アメリカの『App Store』の天気予報カテゴリで1位の座に君臨し続けている人気アプリ『Dark Sky Weather』が、Appleに買収されたことを同社ブログで3月31日に発表しました。

最高の気象情報を世界に提供し続けるために、Appleに買収される道を選んだとのことです。

なお、既存のアプリについてはiOSアプリは変更がなく、『App Store』で引き続き購入することができます。

一方、Androidアプリは配信が終了します。既存ユーザーは2020年7月1日まで利用できますが、それ以降はサービスが終了するとのことです。

このあたりはAppleに買収されたことを考えると、仕方のないことかもしれません。

Apple製アプリの天気機能が強化されるかも?

『Dark Sky Weather』は位置情報に基づく分単位の天気予報、翌日と翌週の時間単位の天気予報、詳しい天気のアニメーション、分単位の雨アラート、気象警報機能を持っています

今回の買収によって、Appleは今後『Dark Sky Weather』が持つ天気アプリ機能をさまざまな同社アプリに組み込んでくることが予想されます。

※ちなみに『Dark Sky Weather』は日本ストアでは配信されていません。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「App Store」より

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!