ひとつのQRコードで『d払い』も『au PAY』も『LINE Pay』も払える「JPQR」が全国で開始! 請求書の支払いにも対応へ

統一QRコード・バーコード(JPQR)」の運用が始まりました!

ひとつのQRコードでいろんなスマホ決済ができる!


経済産業省は、キャッシュレス推進協議会による「統一QRコード・バーコード(JPQR)」の本格運用が全国で開始されたと4月27日に発表しました。

「JPQR」では、以下のスマホ決済サービスが対応する予定です。

店舗提示型JPQR対応コード決済サービス

  • atone
  • au PAY
  • UnionPay(銀聯)
  • commoney
  • J-Coin Pay
  • d払い
  • Fami Pay(2020年10月より)
  • PayPay(2020年7月末より)
  • メルペイ
  • ゆうちょPay
  • YOKA! Pay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ(アプリ決済)(2020年冬頃より)

「請求書払い」も可能に

また、請求書のQRコードを読むことで支払いが可能になる「請求書払い」にも今後対応していくとのことです。

「請求書払い」に対応するスマホ決済サービスは以下。

  • KDDI(au PAY(請求書支払い))
  • ウェルネット(支払秘書)
  • ビリングシステム(PayB)
  • PayPay(PayPay請求書払い)
  • NTTデータ(モバイルレジ)
  • LINE Pay(LINE Pay請求書支払い)
  • 楽天銀行(楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払))

「請求書払い」は、今夏より一部の電力・ガス会社(東京電力、関西電力、東京ガス、大阪ガス)が対応する予定です。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!