使いこなせると便利! iCloud Driveの使い方・活用法総まとめ

iPhoneを使っていると自然と見かけるiCloud。みんなiCloudってよくいうけど正直どんなことができるものなのかわからないという人も多いと思います。

iCloudを使いこなせるようになれば、あなたが持っている端末内のデータの予備を保管し、緊急のデータ紛失やiPhoneの紛失・盗難から守ることができますよ。

まずiCloudって? 

iCloudはAppleが提供するクラウドサービスで、クラウドサービスは、その名の通り「雲」のようにどこにあるかわからないような場所にデータを一時的に保管しておくことです。

ネットワークを経由することでそのiCloudという雲に置いておいたデータを地上(手元)の端末で使用します。

使いこなせると便利なiCloudの活用法総まとめ


1.iPhoneのバックアップをとる

iCloudにバックアップを取っておくことで、機種変更をした際でも変更前のiPhoneのデータをそのまま引き継ぐことができます。

バックアップをとる際に、全ての項目か任意の項目だけかを選択することができるので、iCloudの容量調整も可能ですね。

1.「設定」アプリをタップし、1番上にある自分の名前の箇所をタップ
自分の名前

2.下にスクロールしてバックアップをとりたい端末情報をタップ
1

3.「iCloudバックアップ」をタップ
2

4.「iCloudバックアップ」をオンにしておくと、Wi-Fi下にいるときに自動的にバックアップを取ってくれます。今すぐバックアップを作成したい場合は「今すぐバックアップを作成」をタップ
3

2.他の端末とメモ・スケジュールを同期する

iPhoneやiPad等、複数のiOS端末を持っている人にとても便利な機能が、メモやカレンダー、メールのデータ同期機能です。

iCloudをオンにしておくと同じApple IDで使用する端末に反映されます。

1.「設定」アプリをタップし、1番上の自分の名前の箇所をタップ
自分の名前

2.「iCloud」をタップすると、iCloudを有効にするアプリが一覧で選択可能です。
iCloud
iCloudアプリ一覧

3.紛失したiPhoneを探す

滅多にないかもしれませんが、万が一iPhoneを無くしてしまった場合に便利な機能があります。iCloudの「iPhoneを探す」機能です。

「iPhoneを探す」を使うことで無くしたiPhoneにロックをかけたり無くした端末にサウンドを鳴らしたり遠隔で初期化することができます。

この機能を利用するためには事前に設定が必要です。
1.「設定」アプリをタップし、1番上の自分の名前の箇所をタップ
自分の名前

2.「探す」をタップ
1

3.「iPhoneを探す」をタップ
2

4.「iPhoneを探す」をオンにして、ついでに「最後の位置情報を送信」をオンにしておく
3

4.いつでもどこでも開けるようにしたいファイルはiCloud Driveで管理

Macで管理しているファイルを外出先で開きたいことは頻繁にありますよね。

MacにあるiCloud Driveのフォルダに移動させておくと、いつでもどこでもiPhoneから確認することができます。

1.「設定」アプリをタップし、自分の名前の箇所をタップ
自分の名前

2.「iCloud」をタップ
iCloud

3.「iCloud Drive」をオンにしておく
1

【iPhoneでiCloud Driveに保存したファイルにアクセス】
1.「ファイル」アプリをタップし、「ブラウズ」をタップ
2

2.「iCloud Drive」をタップすると、MacでiCloud Driveに保存したファイルを開くことが可能です。
3

5.「icloud.com」のEメールアドレスが取得できる

iCloudを利用するだけで、「icloud.com」のEメールアドレスを取得することができます。

1.「設定」をタップし、自分の名前の箇所をタップ
自分の名前

2.「iCloud」をタップ
iCloud

3.メールをオンにすると、「作成」のポップアップが表示されるので「作成」をタップ
4.任意のアドレスを入力
5.「完了」をタップ
6.「Apple IDとの連携確認」というポップアップが表示されるので「はい」をタップ
7.「メール」アプリの受信ボックスに「icloud.com」のボックスが追加される

6.便利! iCloudキーチェーンでパスワードを自動入力

iCloudキーチェーンを利用すると、通販サイトなどの各種ウェブサイトのログイン画面で使用するユーザーIDとパスワード、クレジットカード番号を一度入力したら2回目以降は入力不要になります。

情報を暗号化して、iCloudで保管しておくので、セキュリティも安心です。

1.「設定」アプリをタップして自分の名前の箇所をタップ
自分の名前

2.「iCloud」をタップ
iCloud

3.「キーチェーン」をタップ
4.「iCloudキーチェーン」をオンにする
5.「Apple ID」のパスワードを入力するポップアップが表示されるので、パスワードを入力

他のクラウドサービスにはない機能充実性

iPhoneを購入して1番初めにiCloudの設定を行っておくことで、あとは自動的に端末のデータをクラウドに保管してくれるのは、他のクラウドサービスにはない充実性です。

iPhoneを使っているならiCloudも使いこなすべきなので是非試してみたくださいね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!