Galaxy Note20、Galaxy Note20 Ultraが発表!【海外では実機レビューも】

韓国サムスンの新しいフラッグシップスマホ、Galaxy Note20シリーズが発表され、話題になっています。今回は2機種の主なスペックと、海外ユーザーのレビューも併せてご紹介します!

Galaxy Note20、Galaxy Note 20 Ultraの主なスペック



Galaxy Note20シリーズの主なスペックは以下の通り。

【Galaxy Note20】

  • OS:Android 10
  • Soc:Samsung Exynos 990、Qualcomm Snapdragon 865+
  • メモリ:ROM 8GB + RAM 128/256GB
  • ディスプレイ:6.7インチ AMOLED(60Hz、1080×2040px)
  • リアカメラ:12Mp(メイン)+64Mp(望遠)+12Mp(広角)
  • インカメラ:10Mp
  • バッテリー:4300mAh(25W充電対応)/Qi充電、リバースQi充電
  • 重量:194g
  • 防水:IP68

【Galaxy Note20 Ultra】

  • OS:Android 10
  • Soc:Samsung Exynos 990、Qualcomm Snapdragon 865+
  • メモリ:ROM 8/12GB + RAM 128/256GB
  • ディスプレイ:6.9インチ AMOLED(120Hz、1440×3088px)
  • リアカメラ:108Mp(メイン)+13Mp(望遠)+12.2Mp(広角)
  • インカメラ:10Mp
  • バッテリー:4500mAh(45W充電対応)/Qi充電、リバースQi充電
  • 重量:209g
  • 防水:IP68

Galaxy Note20、Note20 Ultraの質感、ディスプレイに思わぬ違いが!?


アメリカの有名なガジェット系Youtubeチャンネル「Unbox Therapy」は、すでに実機レビューを公開しています。

この動画でUnbox Therapyのルイス氏は、Galaxy Note20の「質感」についてかなり酷評しています。

Galaxy Note20の背面は擦りガラスのように見えますが、実はこれはプラスチック。実際触っていても、安っぽさを感じるそうです。価格が999ドル(約10.5万円)もする端末にしては残念ですね。

対してGalaxy Note20 Ultraはボディにガラスを採用し、よりプレミアムに。こちらの価格は1299ドル(約13.7万円)からと高めです。

しかし同時にルイス氏はディスプレイについては逆の意見を述べています。驚くことに、Note20のディスプレイはNote20 Ultraのディスプレイより美しいとのこと。

動画で見ていても、Note20のほうが視野角や明るさに優れて見えます。Galaxy Note20 UltraはNote20より高いリフレッシュレートのディスプレイを採用しており、それが裏目に出ているのかもしれません。


出典:-右がNote20 Ultra、確かに若干色味が違う-Unbox Therapyより

単なる兄弟機に見えて、実は多くの違いがあるGalaxy Note20とGalaxy Note20 Ultra。より美しいディスプレイと安価さを求めるならNote20、高解像度なカメラやプレミアムな質感を楽しみたいならNote20 Ultraという選び方も良さそうです。

とはいえ、スマホはやはり実機を触らないとその良さは分からないもの。Galaxy Note20シリーズはドコモ、au、楽天モバイルなどで発売が期待されています。購入を検討している方は、ぜひ実機を触ってみてくださいね!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!