【2万円台4眼カメラ】Xiaomi Poco X3発表!日本発売も期待【スペック&価格】

9月7日、XiaomiのサブブランドPocoはグローバル向けにXiaomi Poco X3を発表しました。




Poco X3のスペック&機能を解説。ステレオスピーカーが嬉しい

Xiaomi Poco X3の主なスペック

Poco X3のスペックはほぼ事前にリークされていた通りとなりました。発表ではゲーム向けの機能が強くアピールされています。

  • Soc:Snapdragon 732G
  • OS:Poco Launcher2.0(Android 10)
  • メモリ(RAM+ROM):6GB(LPDDR4X)+64GB/128GB(UFS2.1)
  • ディスプレイ:6.67インチLCDディスプレイ(120Hz駆動、2400×1080 FHD+)
  • リアカメラ解像度:64MP(メイン)+13MP(広角)+2MP(マクロ)+2MP(深度)
  • インカメラ解像度:20MP
  • オーディオ:ステレオデュアルスピーカー(イヤホンジャック搭載)
  • サイズ:165.3×76.8×9.4(mm)
  • 重さ:215g
  • バッテリー:5160mAh(33W高速充電)
  • その他:IP53対応、NFC搭載
  • 価格:約2.5万円から

Socには初めてSnapdragon 732Gを搭載。Snapdragon 730Gの上位版で、残念ながら5Gには非対応となっています。

背面のメインカメラは64MPと高解像度で、その他に広角、マクロ、ポートレート(深度センサー)のクアッドカメラ構成となっています。

メインカメラはSony性能のIMX682を採用。ただし前モデル「Poco X2」ではより上位のIMX686が採用されており、事実上のダウングレードとなりました。

また海外スマホとしては防水規格のIP53に対応。他にもNFC、側面指紋認証など、欲しい機能はほとんど揃っている印象です。

ゲーム機能、冷却機能が大幅強化



Poco X3はゲーム機能が強くアピールされています。

Poco X3は独自の冷却技術「LiquidCool Technology 1.0 Plus」を採用しており、長時間のゲームプレイなどでも端末が熱を持つことを防ぎます。

また、ゲームプレイで重要なディスプレイは120Hzリフレッシュレートに対応しており、より滑らかなゲーム体験が可能です。

ただし一般的になってきた有機EL(AMOLED)ではなく液晶パネル(LCD)を採用しており、この点がPoco X3の最大の欠点となっています。

ステレオスピーカー、イヤホンジャックを両方搭載しているところは嬉しいポイント!この2つはゲーマーにとって必須ですよね。

超コスパなPoco X3!日本発売はある?


価格はヨーロッパで199ユーロ(約2.5万円)から。基本的にヨーロッパ価格は高く設定されることが多いため、超格安といっていいでしょう。

日本発売は今のところアナウンスされていませんが、可能性は十分あるように感じられます。

Redmi Note 9Sの日本発売からはしばらく時間がたっており、もうそろそろ後継機としてPoco X3を投入してきてもおかしくはありません。

ゲーム機能やカメラが非常に優れ、約2.5万円と安すぎるPoco X3。日本発売も期待しています!

画像はPocoグローバル公式より(英語)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!