「万が一」を撮り逃がさない!150度の超広角・完全防水バイク用ドライブレコーダー

近年「煽り運転」が横行し、動画配信サイトでも連日のように煽り運転の映像が投稿されているため見たことがある人も多いでしょう。三省堂が発表した2019年流行語第3位、2018年ユーキャン流行語大賞候補にもノミネートされたのも記憶に新しいです。

もし自分の後を走っている車が、急にあおり運転を初めたら…

そこで今回紹介するのは、そんな「もしも」の時に重宝するバイク専用ドライブレコーダーです。

バイク専用ドライブレコーダー


これまでドライブレコーダーは精密機械が故に突然の雨に弱いという弱点がありました。車とは異なり常に外気にさらされているバイクではせっかくドライブレコーダーを設置しても突然の雨の影響で故障してしまうことから、ドライブレコーダーの購入に踏み切れないライダーの方々もいたかと思います。今回の商品はそんなバイクに特化した安心安全の頼れるバイク専用ドライブレコーダーです。

基本スペック

  • 本体:高さ58x幅180x奥行20mm
  • ケーブル長:約130mm
  • 延長ケーブル長:約2430mm
  • 重量:約139g
  • レンズ:F 値 :1.8 / 画角 :150 度(フロント・リヤ)
  • 解像度:1080P
  • 録画可能時間:128GBで約36時間
  • 記録メディア:microSDカード
  • 防水:IP67
  • マイク・スピーカー:内蔵
  • Gショックセンサー:内蔵

完全防水&完全防塵

日本工業規格が定める異物侵入時に対する保護の等級を示すIPというスケールにおいてこのドライブレコーダーはIP67規格を取得しました。粉塵に対する保護等級は最大値の6(内部に粉塵が侵入させない)を獲得。また浸水に対する保護等級もほぼ最大値の7を獲得しており、水深1mの水中に30分間浸かっていても水を内部に浸水させないこと実現しました。


前後2台のカメラで「もしも」の時を逃さない!

フロントカメラとリアカメラがセットになっているので追突事故も玉突き事故もしっかり記録できます。また、カメラは150度の超広角なので右左折時にもしっかり対応!もちろん音声も録音できるので、万が一の事故やトラブルの時に一部始終を逃さず記録することができます。


衝撃感知機能「Gセンサー」搭載

ドライブレコーダーで録画していたはずがデータが上書きされてしまったなんてことは本末転倒です。衝撃感知機能が搭載されているこちらのドライブレコーダーなら、衝撃を感知するとレコーダーが事故の瞬間とその前後を自動で認識し、データが上書きされないように保存してくれます。


煽り運転は交通事故を招く極めて危険な行為であり、あらかじめ「もしも」のトラブルに備えることが重要になってきています。特に生身の体にヘルメット1つで運転するライダーの人達は最善の注意が必要です。

「備えあれば憂いなし」あなた自身の身を守るためにも事故が起きる前に、この機会にドライブレコーダーの設置を検討してみはいかがでしょうか。
【出典 / Source】THANKO

商品の詳細はこちら→ バイク専用ドライブレコーダー -THANKO-

【この記事のカテゴリー】テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!