5G対応の『iPhone 12』シリーズのバッテリー容量まとめ!iPhone 11よりも小さめかも?

iPhone 12の発売が開始しました!皆さんはもうどのiPhoneにするか選びましたか?

今回は正式発表されていない、iPhone 12のバッテリー容量についての情報をまとめました!購入の際には、ぜひ参考にして下さいね。




iPhone 12 ProMaxのバッテリーサイズは11 Proより減少


iPhone 12シリーズのバッテリー容量は以下の通り。

  • iPhone 12 ProMax:3687mAh
  • iPhone 12 Pro/iPhone 12:2815mAh
  • iPhone 12 Mini:2227mAh

この情報はTENNAとVodafoneNetherlandsのリストで明らかになりました。公式発表ではないため絶対ではありませんが、信憑性は高めです。

なおiPhone 11 ProMaxのサイズは3969mAhと言われていたため、バッテリー容量は減らされたことになります。今回のiPhone 12は全体的に軽量化されており、それとトレードオフになったようですね。

iPhone 12シリーズは5nmプロセスの新チップセット「A14 Bionic」を搭載しており、前モデルと同様のバッテリー寿命を主張しています。

しかしA14の通信モデムについては、省電力性能が向上した最新モデム「X60」ではなく7nmプロセスの「X55」を採用していると分解動画で明らかになりました。

また、海外の最新レビューによれば、iPhone 12のバッテリー持ちは前モデルiPhone 11よりも悪く、5G接続時には4G接続時よりも約20%バッテリー持ちが悪化するという測定結果も発表されています。

5G通信に対応し、デザインの一新などで話題になっているiPhone 12シリーズ。早く購入したい気持ちもわかりますが、バッテリー持ちは重要なことです。

5G対応スマホは以前からバッテリー持ちの問題が良く取り上げられており、Androidスマホ市場では全体的にバッテリー容量が大きく増量されています。

特に気になるのはバッテリーが最小サイズのiPhone 12 Mini。5G通信を積極的に使う予定の方は、少しレビューが出るのを待った方が良いかもしれませんね。

画像はApple

この記事のカテゴリー:テクノロジー,ガジェット

【随時更新】今すぐ予約できる! iPhone 12対応ケース&フィルムまとめ

『iPhone 12』シリーズで利用できる最新ケースを紹介しています。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!