【実機レビュー】一瞬で自宅がミニシアターになる手のひらサイズのプロジェクター「P11S」使ってみた!

自宅で動画や映画を見る時、大きい画面であればあるほどより臨場感が出てワクワクしますよね!でも大きいテレビは物理的にスペースが必要だし値段も高いので、最近注目を集めているのが、プロジェクターです。

今回はレトロデザインで手のひらサイズのポータブルプロジェクター「P11S」をお借りすることができましたので、レビューをお届けしたいと思います!

開封の儀


内容物は以下の通り。

  • 本体
  • リモコン
  • 三脚
  • HDMIケーブル
  • 充電ケーブル
  • 充電アダプター

気になる大きさですが、なんとライターとほぼ同じ大きさ!ポケットやかばんに入れてどこにでも持ち歩くことができ、アウトドアアクティビティなどの外出先でも家族や友人と映画やYoutubeが楽しめます。


側面には電源ボタンやHDMIケーブルを指すポートがありました。その中でもプロジェクター特有の機能、ピントを合わせるフォーカスギアもここに配置されています。どこで使用しても、ピントをしっかり合わせてクリアな映像を見ることが出来ます。


実際に使っていく!

せっかくなので普段動画を見ない場所で使ってみたいと思い、ベランダにやってきました。まずは事前設定から。メニュー画面は分かりやすくシンプルなデザインで、Wi-FiやBluetoothへの接続は迷うことなくクリア。また、リモコンの操作性はかなり良く、プロジェクター本体に向けて操作すればカチカチっと滑らかに操作出来ました。


実際に動画を見ていきます。本機はAndroid9.0を搭載しており、単体でもYoutubeに接続ができます。細かいグラフィックまで気にしたい映像には少し物足りなさがありますが、全体的に綺麗で、スポーツ観戦やYoutubeを見るには十分なクオリティです。


スマホやPCの画面を投影することもできるので、プレゼンテーションやミーティングでもご使用頂けます。


現在『Makuake 』にて応援購入することが出来ますが、プロジェクト終了まで残り数日となっているので、気になる方はかけ足でチェックしてみて下さい。

「P11S」の詳細はこちら→ エンタメ空間へ早変わり!限られた体に凝縮された高性能プロジェクター「P11S」

画像はMakuakeより

【この記事のカテゴリー】テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!