【実機レビュー】レンズ交換できるインスタントカメラ「NONS SL42」を使ってみた!

高画質でクオリティの高い写真が撮れる高性能カメラが求められる一方、若者たちの間ではインスタントカメラが再び注目されており、あえて画質を落としたレトロな写真が人気ですよね。いい感じにアナログ感のある、映える写真が撮りたい!

そこで一眼レフ機能を搭載した次世代型インスタントカメラ「NONS SL42」の実機をお借りすることができましたので、実際にどのような写真が撮れるのか検証していきたいと思います!

開封の儀


内容物はカメラ本体、マウントアダプター、M42レンズ、取扱説明書です。実際はここにカメラを首からぶら下げられるカメラストラップも付属します。

早く撮影がしたいので、下準備を進めていきます。まずは電源を入れるために充電を!と思いましたが、本製品は充電ではなく単三電池2つを使用する模様。この時点で既にワクワクしてきました。


本体背面を開け、フィルムをセットしていきます。使用するのは市販のインスタントフィルム(Instax mini film)なので家電量販店等で手軽に購入できますよ。ただし、フィルムの交換は中身を全て使い切ってから行いましょう!中身がまだある状態で背面部分を開けてしまうと、中にあるフィルムが感光してしまい、使い物にならなくなってしまうことも!?


マウントアダプターをつけてからM42レンズを装着しました。いや、もう完全に見た目がインスタントカメラの域を超えています。


一眼レフのように楽しめる2つのシャッタースピード&マニュアルフォーカス

シャッタースピードを選ぶと自動的に電源もONになります。撮りたいシーンに合わせてシャッタースピードを選びましょう。


まずは正面下部にあるレバーを音がなるまでレンズ方向にスライドさせます。これをしないとファインダーを覗き込んでも真っ暗なままなので注意してください。


一般的なインスタントカメラではできないフォーカスもマニュアル操作ができるので、対象物似合わせてボケ感をだし、一眼のように写真撮影を楽しむことができます。


写真を撮影したら本体横にある現像ボタンを機械音がするまで押せば、その場でプリントすることができます。


実際の写真はこんな感じ!

まずはシンプルに我が家の飼い猫を!光をいい感じに取り込み、温かみのある写真が撮れました。多少顔がボケているのは、マニュアルフォーカスが甘くなっているせいですね。。精進しますっ!


ドラマとかに出てきそうなエモ写。地面に置いて撮影することで、普段とは違った写真を撮ることができます。しかもブレずに撮影できるので、三脚が無い時におすすめです。


「NONS SL42」はテクニックを使った写真撮影も可能。1回目に太陽に手を伸ばし逆光で撮影、プリントアウトせずに連続して違う対象物を撮るとこんな感じに。簡単な割にいい感じな写真が撮れるので、是非チャレンジしてみて下さい!


最後に夜景撮影などに向いているバルブモードです。シャッターボタンを押している間ずっと光を集めるので幻想的な一枚が撮影できます。ブレやすいため三脚を使用しましょう。


「NONS SL42」の詳細はこちら→ NONS SL42|一眼レフの機能が楽しめるインスタントカメラ

現在クラウドファンディングサイト『kibidango』にて12月24日まで支援することが可能です。今までのインスタントカメラではなにか物足りなさを感じていた方におすすめな「NONS SL42」をこの機会にGETして見てはいかがでしょうか!

【この記事のカテゴリー】テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!