20万円のレーザープロジェクター「Polaris」は4K・HDR・150インチ出力対応で高コスパ! なぜ安いのか?

Polaris(ポラリス)4Kは壁際などの超短距離から大きく映像を投影できるレーザープロジェクター。自宅で過ごす機会が増えたこのごろ、映画やネットフリックスなどを迫力のあるサイズで楽しむのにおすすめです。

  • 配送予定:12月(2020年)以降
  • 日本配送:可能

Polaris 4Kの特徴

まるで映画館のようですが、あくまでも投影しているだけなのでプロジェクターをオフにすればそこにあるのは壁だけ。大型テレビのように、使用していないときに圧迫感を感じることはありません。

Polaris 4K, レーザープロジェクター, 高解像度, HDR, ホームシアター

壁から約50cmの距離が確保できれば、150インチ画面相当の大きさで映像を映し出せます。

Polaris 4K, レーザープロジェクター, 高解像度, HDR, ホームシアター

スクリーン(壁など)の前、後、前の天井からといった設置場所が選択可能。

Polaris 4K, レーザープロジェクター, 高解像度, HDR, ホームシアター

解像度は4Kで、コントラスト表現に優れたHDRに対応します。

Polaris 4K, レーザープロジェクター, 高解像度, HDR, ホームシアター

背面のポートは以下の通り。

Polaris 4K, レーザープロジェクター, 高解像度, HDR, ホームシアター

実際にこのプロジェクターを使用している様子はこんな感じ。明るく、メリハリの効いた映像です。

Polaris 4K, レーザープロジェクター, 高解像度, HDR, ホームシアター

Polaris 4Kをゲットするための最小支援額は1999ドル(約21万円)で、日本への送料は100ドル(約10500円)からとなっています。

これだけ手頃なお値段になっているのは量産を目指してクラウドファンディングを行なっている段階だからだそうで、製品版になれば相応の価格へと値上げする予定とのこと。ゲットするなら今がチャンです。

キャンペーンの詳細や締め切りは以下のリンク先ページでご覧ください。

» » » Polaris 4K:詳細&支援(購入)はこちら
Polaris 4K, レーザープロジェクター, 高解像度, HDR, ホームシアター

↑ 画像をタップ/クリックすると公式ページが開きます

注目のクラウドファンディング・キャンペーン




※クラウドファンディングはその仕組み上、リターン(製品など)の提供が遅延、もしくは失敗するリスクがあります。本ページに記載されたURLからの売り上げは一部が製作者に還元される場合があります。

【出典 / Source】Polaris 4K

【この記事のカテゴリー】アプリ,オーディオビジュアル,クラウドファンディング

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!