【実機レビュー】読書好きに捧げる! 首や肩への負担を軽減する横向き専用枕「読書枕HONTO」使ってみた

長時間身体を横向きにして本を読んでいると、首や肩が徐々に痛くなってきたなんてことありませんか?身体が痛くなる度に寝返りを打ってみたり枕を二つ折りにしたりとちょっと面倒。

そんな時に身体に掛かる負荷を軽減し、快適に横向き寝で読書ができる「読書枕HONTO」をご紹介します。読書好きだけでなく、寝る前に横向き寝でスマホをいじる人にもおすすめな商品です。

変わった形がポイント!


「読書枕HONTO」はこれまで横を向きながら本を読む時に辛かった姿勢を改善し、ノンストレスで快適な読書タイムを提供する商品です。

最初に見てまず思うのがこの歪な形。この出っ張った部分が後頭部に来るように使用します。重さで沈んだ首から後頭部にかけてを出っ張った部分がしっかりと支えるためこの様なデザインになっています。

触った感じはふかふかで柔らかく、反発もしっかりするので頭を置いた時に沈み過ぎず丁度良い硬さです。


使うときは枕ON枕で

本製品は単品で使用せず、普段お使いの枕の上に重ねて使用する枕ON枕です。枕の上に乗せて使うことで不足した高さを補い、首や肩への負荷を軽減。

高すぎると感じた場合は枕の綿を適量抜くことで高さを調節することができ、自分の高さに合った枕を自分で作ることができます。


下敷きになった耳が痛くならない

長時間横向きでいると下になっている耳が痛くなり、寝返りを打ってまた痛くなったら寝返ってなんてこともしばしば。「読書枕HONTO」は中央部分のくぼみに耳がすっぽり入る設計で、耳が長時間下敷きになっていても負荷を軽減して痛くなりにくくなっています。


思っていた以上にしっくりフィット

実際に使ってみると柔らかくて気持ち良く、ビーズクッションの様に沈み込み過ぎないため頭がしっかりホールドされている感覚。地面と頭が平行になり、首が痛くなることはありませんでした。

また、中心のくぼみに耳がフィットし、眼鏡のフレームが耳を圧迫して痛くなることもありません。これはメガネをかけているすべての人が嬉しいポイントではないでしょうか。


締め切りは12月1日まで

これまでの横向き寝をする時に辛かった姿勢を改善し、身体が痛くならずに快適な読書時間を提供してくれる「読書枕HONTO」は『Makuake』にて12月1日まで先行予約を受付中です。プロジェクト終了まで1週間を切っていますので、気になった方はお早めにチェックしてみて下さい。

「読書枕HONTO」の詳細はこちら→ 寝ながらスマホも快適!寝ながら読書の救世主「読書枕HONTO」リニューアル

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!