【シャフトドライブ】日本の公道も走れる! チェーンレス折りたたみ式電動アシスト自転車「G-force G14」日本上陸

昨今のステイホームで運動不足になっている方、電車や車での通勤を自転車に変えようと考えている方。今回はそんな皆さんにオススメしたい折りたたみ式電動アシスト自転車「G-force G14」をご紹介します!

「G-force G14」


今回紹介する「G-force G14」は、シャフトドライブを採用した折りたたみ式電動アシスト自転車です。チェーンレスの構造や走行時のエネルギー回収システム、エアサスペンション搭載で機能面実用面ともに充実。アシスト速度24km/h制御で日本の公道走れる電動自転車となっています。

チェーンレス伝動機構

自転車のトラブルとしてよくある問題が、チェーンのトラブルです。走行中に外れてしまったり、衣服が挟まってしまったり……そんなトラブルが起こらないのがこの「G-force G14」。
チェーンレス構造であるシャフトドライブ方式を採用しているのがこの自転車の最大の特徴です!



エネルギー回収システム

この「G-force G14」は、G-force社が自ら開発したG-driveエネルギー回収システムを搭載し、走りながら自動的にバッテリーを充電。より長距離の走行を可能にしてくれています。
下り坂を走る時やペダルを踏む力、ブレーキをかける時などにエネルギーを回収しているそうですよ!まるでハイブリットカーですね!


バッテリー充電は外してor入れたまま

「G-force G14」は、バッテリーを車体フレームに内蔵しています。スマートかつ安全な構造で、防水効果もあり、雨でも気にせず走ることが可能です。

バッテリーは自転車本体を折り畳むと取り出すことができ、専用キーがついているのでセキュリティー面もバッチリです。充電の際は外に出して充電することはもちろん、自転車に入れたままでも充電できるのは嬉しいポイントですね。

便利なスマートメーター搭載

電池残量や時速・走行距離、ライトのON/OFFを確認できるスマートメーターを搭載。ハンドルバーに設置され、一目で情報を確認できるのはGOOD。しっかり固定できるスマホスタンドも搭載され、なんとUSB充電も可能になっています!ナビをしながらでも充電の心配はありません。

またサスペンション(衝撃緩衝器)を前部に搭載し、ガタガタの道や砂利道でも振動を吸収してくれるので長時間乗っても疲れを感じにくくなっています。

カラーバリエーション2色展開

カラーバリエーションはグレーとホワイトの2色展開。車体の重さは25kg、バッテリー5kgとなっています。


まとめ

今回は、チェーンレスのシャフトドライブを採用し、走行時のエネルギー回収システムやエアサスペンション搭載で機能面実用面ともに充実した折りたたみ式電動自転車「G-force G14」を紹介してきました。アシスト制御もあり、日本の公道を走れる電動アシスト自転車となっています。

この製品は2021/01/15までGREEN FUNDINGにて支援を受付中です。早期予約割引もあるようなので気になった方はお早めにチェックしてみてくださいね!

(文:一之瀬しの。)

「G-force G14」の詳細はこちら→シャフトドライブ式電動アシスト自転車がついに日本上陸!長距離走行・E-ABSを搭載した次世代折りたたみ式電動アシスト自転車「G-force G14」

画像はGREEN FUNDINGより

【この記事のカテゴリー】テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!