極小の世界をスマホで撮影。400倍顕微鏡レンズがクラウドファンディング中

スマホのカメラでミクロの世界を撮影できる顕微鏡レンズを使ってみました。

» スマホやタブレットのカメラにワンタッチで装着し写真が撮れるモバイル顕微鏡

モバイル顕微鏡の外観

レンズはクリップとセットになっているので、ここにスマホを挟むだけで取り付けできます。

撮影した画像が暗くなりがちな顕微鏡レンズの弱点を補うライト付き。USB-Cポートから充電可能です。

実際に撮ってみた

レンズを取り付けたら、あとは普通の撮影と同じくカメラアプリを起動して、シャッターを押すだけ。上手く撮るコツは、見たいものを安定した場所に置くこと。ピントが合う距離の調整が難しいので、スマホは基本両手持ちが良いでしょう。スマホのカメラ設定を2倍にすると、より細かな撮影ができますよ。

上の写真では、一円玉の上端部分を2倍の設定で撮影しています。ちなみに、一円玉の「1」の模様がある部分はどうしてもボヤけてしまいました。ほぼレンズをくっつけた状態で撮影するため、凹凸があるものの撮影は中々難しいです。

次に手の皮膚を撮影しました。生えかけの産毛が大きく見えるのが分かります。

こちらはマスクを撮影したもの。マスクのような柔らかくて光が透けるモノは撮影がしやすいので、観察対象(被写体)としておすすめです。

上の写真は薄く切った玉ねぎです。厚みのある状態だと上手く撮れないので、植物などは薄く切って撮影しましょう。

支援額によっては、サンプルが入りのプレパラートも手に入るので、すぐに観察や撮影が楽しめます。

顕微鏡本体は8,440円、プレパラートのセットは9,180円の支援額で入手可能。

おもな仕様と価格

  • 本体サイズ:約8.7 x 2.5 x 2 (cm)
  • 本体重量:約50g

※メーカー公称値

» » » 詳細と購入はこちら

(↑) 画像をタップ/クリックすると公式ページがひらきます


*Source:Makuake Writer:岩佐

おすすめ記事リスト

テクノロジーとガジェット記事のバナー画像
(↑) 画像をタップ/クリックすると記事一覧がひらきます



参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!