iPhone13の噂まとめ:カメラ、ディスプレイ、バッテリー、発売時期の有力リーク情報はコレだッ!

テック&ガジェットのニュースを毎日配信中!
» 最新記事の一覧はこちら



これまでのリーク情報から判明した『iPhone 13』シリーズに関する情報をまとめました!発表はもう少し先ですが、すでに驚くほど詳細に全貌が見えてきていますよ〜!


*Source: MacRumors

iPhone 13のリークまとめ!カメラ、ディスプレイからバッテリーまで、全てが進化!

処理性能:「A15」搭載&ストレージの最大容量が向上


iPhone 13は5G対応の新プロセッサ「A15 Bionic」を搭載するといわれており、すでに台湾TSMCが製造を開始していると報道されています。

さらに最新のリークによれば、ストレージの最大容量が1TBまで大容量化するとのこと。前モデルでは最大512GBだったため、約2倍保存できる計算になります。

デザイン:カメラユニットが大型化?3Dレンダリングが公開中

iPhone 13及び13 miniのデザインは大きく変わらないものの、カメラ配置が変わるといった報告も上がっています。一方で、iPhone 13 Pro及び13 Pro Maxはカメラユニットが前モデルよりも大型化するといわれています。



image: Unbox Therapy

なお、テック系YouTubeチャンネル「Unbox Therapy」がiPhone 13 Pro Maxのダミーモデルを入手し、動画で公開しています。

最近では、著名リーカーのジョン・プロッサー氏がiPhone 13の3Dモデルを自身のYouTubeチャンネルで公開。データは概要欄から誰でも入手可能です。

ディスプレイ:Proモデルではリフレッシュレートが大幅向上


iPhone 13 Pro及び13 Pro Maxはディスプレイのリフレッシュレートが120Hzまで向上。iPad Proと同じ「Pro Motion」に対応するといわれています。製造元はサムスンで、すでに製造は開始されていると報告されています。

ノッチ部分は前モデルにくらべ、大幅に小型化するとのこと。



image: Unbox Therapy

カメラ:LiDAR搭載&センターシフト式手ブレ補正



image: Unbox Therapy

カメラ性能は大幅に向上。前回Pro Maxのみに採用されていたセンターシフト式の手ブレ補正は、全モデルまたはProモデルの2機種に採用されるといわれています。

最新のリークによれば、さらに全モデルでLiDARセンサーが搭載されるとのこと。LiDARセンサーの使いみちは今のところかなり限定されていますが、これはAppleがここ数年力を入れているAR(拡張現実)に関する計画の一環だと考えられています。

バッテリー:前モデルよりも大容量に

Android端末のリークで実績のある 「Digital chat station」氏により、iPhone 13のバッテリー容量が判明しました。詳細は以下の通り。

  • iPhone 13 mini:2406mAh (8%増加)
  • iPhone 13と13 Pro:3095mAh(9.9%増加)
  • iPhone 13 Pro Max:4352mAh (18%増加)

iPhone 12と比較すると、全モデルでバッテリー容量の増大が確認できます。

iPhone 13の発表は今年の9月の見込み

昨年のiPhone 12シリーズの発表は例年よりも遅くなっていましたが、iPhone 13シリーズの製造スケジュールは順調に進んでいると報告されています。このままいけば、9月頃には発表される見込みです。

『iPhone』や『iPad』をお得に買うならコチラ! » Amazon 整備済み品


<おすすめ記事>

  • 『iPhone 12』シリーズが実質22,000円引で入手可能!

    6月11日まで開催中の楽天モバイルキャンペーンを見逃すな!



    » » » 記事をよむ

  • ビットコインをカンタンに買う方法

    『コインチェック』はスマホで完結、約500円からの仮想通貨取引が始められる!


    » » » 記事をよむ

  • ライザップが低価格&個室ジム使い放題の新プランをスタート!

    『RIZAP MBM』はアプリやフィットネス・バンドを使って効果的なダイエットができる。



    » » » 記事をよむ


お す す め 動 画




参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!