さすがApple。『iPadOS 15』がこっそり「未対応アプリの横画面表示」に対応していることが判明

テック&ガジェットのニュースを毎日配信中!
» » » 最新記事はこちら
👀



さすが、気が利くアップデート。

WWDC21でAppleが新たに発表した『iPadOS 15』ですが、基調講演では触れられなかった点も着実に改善されていることが海外メディアの調査によって明らかになっています。


technology *Source:  9to5Mac

iPadOS 15がこっそり「iPad未対応アプリの横画面表示」に対応


iPadはほとんどのiPhone向けアプリに対応しているものの、「instagram」など一部のアプリはiPadの大画面に対応しておらず、大きな黒枠がある状態で縦に表示されます。

しかしこれは横向きの状態に対応しておらず、特に「MagicKeyboard」などを使ってPCのようにiPadを利用するユーザーにとっては、これが非常に不便でした。


これについて、WWDC21の基調講演で直接発表はされなかったものの、iPadOS 15ではひっそりと改善されていることを海外メディア「9to5Mac」が発見。以下のような状態で固定されていたのが、


このように、横向きの状態で縦画面のアプリを開くことが可能になっているとのこと。


※画像はイメージ、赤枠は筆者が差し込んだもの

これは地味なアップデートですが、PCのようにiPad Proを扱っているユーザーにとっては非常にありがたい改善です。iPadOS 15は他にも「マルチタスク機能」の改善などが行われており、ユーザーエクスペリエンスを重視する、Appleらしい着実な進化を遂げています。

『iPhone』や『iPad』をお得に買うならコチラ! » Amazon 整備済み品


あわせて読みたい 👀

*本サイトに記載されたURLからの売り上げ等は一部が製作者に還元される場合があります。


話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!