余命1カ月を宣告されたYouTuberりゅうが新婚旅行! 「生きる」という強い意志に感動の涙

今年の3月に、余命1ヵ月もあり得ると宣告をされたりゅう。今回の動画では、余命宣告を受けた後に、結婚を前提としたお付き合いを始めた彼女と、どうしても行きたかったという新婚旅行に出かける様子が収められています。

「生きる」という意味を考えさせられる、涙なしでは見ることができない、動画の詳細をお伝えします。ぜひ最後までご覧ください!

余命宣告されたYouTuber

2019年1月、最初の異変はりゅうが29歳の時でした。骨肉腫という骨のガンを発症し、13時間におよぶ手術を経て、10か月の入院生活を送ります。長い闘病生活の先に待っていたのは残酷にもガンが肺へ転移しているという結果でした。ステージⅣと診断されたのは、りゅう本人がまだ30歳、昨年11月の出来事です。

余命1ヵ月と宣告される

さらに悲劇は続き今年3月に、病状が悪化したりゅうは「余命1カ月もあり得る」と宣告を受けました。その時の心境を話している動画が3/12に投稿されています。みんなの役に立てばという思いで立ち上げたYouTube開設から僅か6日後の出来事でした。

その動画でしばらく休止することを伝え、その月の3/30に再開の動画をアップしました。

YouTube【余命1か月宣告】りゅうとは?

29歳という若さで骨肉腫というガンを発症し、10か月の闘病生活の後に肺に転移がみられステージⅣと診断され、手術の代償として身体障害4級を取得。というどうしようもない状況を経験したことを生かして、感情のコントロールに悩んでいる人の心のガイド役になれるのではないか?という思いでYouTubeチャンネルを立ち上げたそう。

過去の動画でりゅうさんは、
・自分の人生このままでいいのかな?
・仕事や時間に追われて生活していませんか?
・やりたいことをやれていますか?

など、「悩んでいる人になにかしらのエネルギーを与えられるようになれたらと思っています」と話していて、重いガンとの闘病生活の内容や時間には限りがある、生きる理由など、数々の困難に見舞われた実体験をもとに話しているので、とても重みがある内容です。

念願の新婚旅行へ

動画の冒頭から体調が優れない様子のりゅうさん。しかし、どうしても行きたかったという新婚旅行に出発し山梨県へ向うのでした。もちろん、隣には彼女が寄り添い、車の運転は父親が行っています。

体調が悪く聞き取りづらくてすみません。と断りを入れて、ところどころ景色などを見るものの車の中では、体調が優れない様子でした。

交際相手の女性とは?

2歳年上で、余命1カ月という宣告をりゅうが受けたあとに、彼女から結婚を前提に交際したいという思いを伝えて、交際を始めたということです。

りゅうの彼女に対する思いは、
・彼女の幸せのために生きる
・病気のおかげで大切な人に出会えた
と話していて、とても大きな存在で「生きる意味」そのものだということが動画を見ていると伝わってきます。

プロポーズというサプライズ

今回の新婚旅行の中でりゅうはちゃんとしていなかったというプロポーズを行いました。

サプライズで決行されたプロポーズに彼女は「うれしい本当にありがとうね」と率直に答えたあと、りゅうのことを思いやり「ここ最近は特に体調悪かったのに、準備してくれて本当にありがとう」と涙声で感謝の気持ちを伝えて、プロポーズは大成功と呼べる結果になりました。

「自分が本当に彼女を幸せにできるのか、悩み続けてきた」と話しているりゅうさん。プロポーズを決意させたきっかけは、彼女の「僕のことを変わらず愛してくれている姿を見て、結婚する決意をより強くした」という姿勢でした。

動画の締めくくりでは

りゅうさんの今の気持ちを、テロップで表していました。

・りゅうさんにとって結婚とは、彼女を幸せにするために「生きる」意志を強く持つことができるもの
・みなさまをはじめ周りの多くの方々に支えられて今、自分は生きている
・僕自身も、みなさまの支えになりたい
という言葉を残して、動画を締めくくっています。

そして最後に「今後もよろしくお願いします」と述べ、体調も優れない様子でしたが、今後も続けていきたいという意思も見せてくれました。

今回の動画を見た人の感想は?

YouTubeのコメント欄では「2人で幸せパワーで病気に勝てるように願っています」「同じくガンにかかっていますが、勇気をもらえました」「ご結婚おめでとうございます」「お二人にハッピーがたくさん降り注ぎますように」など多くの祝福のコメントが寄せられていました。

Twitterではどうでしょう?同じような状況の人に多くの勇気を与えている印象です!

お互いの決断が素晴らしいですよね!


見ている人に強い力を与える動画

余命宣告を受けて、ここまで強く生きることができるでしょうか? 体力的にも精神的にも辛い中で、見ている皆の助けになればという思いでYouTubeを撮り続けることは、生半可な気持ちでできることではありません。その姿をみているだけで、心のメンタルが強くなります。

りゅうさんの今後も応援したいという人は、チャンネル登録をよろしくお願いします!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!