『iPhone 13』は360°上下ディスプレイ&『A16 Bionic』搭載でガチ進化、という仮想レンダリング

テック&ガジェットのニュースを毎日配信!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



側面まで全てがディスプレイになった『iPhone 13』の仮想レンダリングが登場しています。

Source:You Tech
*カテゴリー:テクノロジー technology

360°上下ディスプレイ&『A16 Bionic』搭載というムチャな仮想レンダリング


みてください、この画面の広さ。『iPhone 13』は上の端から、


下の端まで全てがディスプレイです。


落としたら壊れそう、と心配になりますが、ご安心下さい。“ほぼ”壊れない『Ceramic Glass 2.0』がしっかりとデバイスを守ります。


さらに8レベルのスクラッチ耐久『Retina Glass』を搭載。(Retina Glassってなんだよ、っていうツッコミはナシ)


前から見ると全てディスプレイに見えますが、実は背面はディスプレイではありません。


ちゃんと3眼のカメラも搭載。6倍ズーム対応のカメラなどに加え、


新しいLiDARセンサーも搭載しています。


インカメラはディスプレイの上部分に内蔵。普段は画面下に隠れて見えません。


チップセットは『A16 Bionic』を搭載。型番1つどっかいっちゃった(笑)


『A16 Bionic』はとんでもないスペックになっています。3Ghz 8Coreはぶっ飛んでますね。


これだけの性能なので、もちろんゲームにも最強。ベゼルが皆無なディスプレイと相まって、没入感スゴそうです。


正面から見たら差はありませんが、背面は色々なカラバリがあるようです。


いかがでしょうか。かなり動画は作り込まれていますが、もちろんこれは根拠のない妄想的なレンダリングです。これならいっそ背面までディスプレイにしちゃえよ、と思わなくもないですが、正面から見たときの没入感の高さは魅力的。

4面エッジディスプレイといえば、筆者はカメラが最強なHuaweiの『P40 Pro』が思い浮かびます。


今回紹介した『iPhone 13』の仮想レンダリングほど極端ではありませんが、ベゼルのほとんどないディスプレイは魅力ありますよね。AppleからもいつかはこういうiPhoneが登場する、こともいつかはあるかもしれませんよ!

あわせて読みたい 👀



*本サイトに記載されたURLを経由して収益等が発生した際は、一部が製作者に還元される場合があります。


話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!