「水が飲めない」『AirPods』を紛失した男性が、喉に違和感を覚えてレントゲン撮影すると……

テック&ガジェットのニュースを毎日配信!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



寝ている間に気付かず『AirPods』を飲んでしまった男性が、その時の体験談を海外メディアThe Guardianで語っています。

Source:The Guardian,metro
*カテゴリー:テクノロジー technology

どこを探してもみつからない『AirPods』

ブラッド・ゴーティエ氏はある夜、エイリアン映画を見ながら寝てしまい、起きると付けていたはずの『AirPods』の片方がなくなっていることに気づきます。その時は「落としたのだろう」考えていた彼ですが、水を飲んだときに違和感を感じます。

*画像はイメージです。

まだほとんど目が覚めていない状態で、水を飲もうとバスルームに行きましたが、うまく飲み込むことができませんでした。喉には水が入っていましたが、それが下に降りてこないので、洗面台にもたれて水を出さなければなりませんでした。

しかし、このとき疲れていたブラッド氏は、そのまままた寝てしまいました。翌朝、もう一度iPhoneの「探す」機能で『AirPods』を鳴らそうとしましたが、電池が切れているようでした。

ブラッド氏が家族に『AirPods』が見つからないことをいうと、息子は冗談交じりに「寝ている間に飲み込んでしまったんじゃないか」といいます。最初は笑っていたブラッド氏でしたが、いくら探しても見つからないのでだんだんと不安になりました。

そして妻に「検査を受けた方がいい」と言われ、ブラッド氏は病院にいくことにしました。診察してくれた医師は信じられない様子でしたが、念のためのレントゲン撮影を行ってくれました。

*画像はイメージです。

その撮影された映像がこちら。


スクリーンには、私の肋骨が漫画のように鮮明に映し出され、その肋骨の間に45度の角度で配置された、紛れもないAirPodの形が映し出されていた。

この画像では分かりにくいですが、コントラストを調整すると、たしかに『AirPods』の影が見えます。


AirPodは私の食道の脇にしっかりと固定されているようだが、気道を塞いでしまう可能性があった。飲み込んだ場合、無害な状態で体内を通過するか、腸に留まって手術になるかのどちらかだ。また、デバイスが破裂する可能性もあり、リチウムイオン電池を消化するのは避けたいと思った。

ブラッド氏はこの後内視鏡検査センターに行き、投げ縄のついたチューブを使って口から『AirPod』を取り出すことに成功。

『AirPods』も小袋に入れられて返却されました。この後『AirPods』が動作するかどうか試してみると、マイクは壊れているものの、他は問題なく動作したそうです。

*画像はイメージです。

ブラッド氏は幸い何事もなかったものの、危険な状況だったことは間違いありません。もしAirPodsが見つからなくなったら、喉に違和感がないかどうか確かめたほうがいいかもしれませんね。

あわせて読みたい 👀



*本サイトに記載されたURLを経由して収益等が発生した際は、一部が製作者に還元される場合があります。


話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!