スーパーカーから極小自動車にバスまで、3Dプリンターで作られた走行可能な乗り物5選

テック&ガジェットのニュースを毎日配信!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



3Dプリンターで大部分のパーツが製造されている、注目の自動車5選を紹介します。

Source:Top10 Files
*カテゴリー:テクノロジー technology

【1】『EDAG Light Cocoon』

引用:wikimedia

『EDAG Light Cocoon』はEDAGグループによって開発され、ジュネーブモーターショーで公開されたコンセプトカーです。ボディは3Dプリントされた軽い金属のパネルで、ポリエステル製の防水布で覆われています。


この防水布は光を透過することが特徴で、『EDAG Light Cocoon』はボディを自在なカラーで光らせることができます。EDAGグループは、このような軽量素材を使った自動車の製造を広めることを目指しています。


【2】『Olli』


『Olli』はアリゾナ州の会社Local Motorsが製造した自律走行可能なミニバスです。大部分が3Dプリントされた部品でできています。動力は電気で、「電動自動運転シャトル」として注目されています。


人工知能と音声認識機能、30以上のセンサーによる自動運転に対応。12人の乗客を乗せることが可能で、すでにアメリカの様々な地域の通りを循環しています。

【3】『PUV』

引用:オークリッジ国立研究所

『PUV』はオークリッジ国立研究所の『AMIE』プロジェクトのために設計された電気自動車で、ソーラーパネルで得たエネルギーを車両に伝達するための建物とセットで設計されています。


筐体は炭素繊維強化プラスチックで3Dプリントされており、滑らかで光沢のある特殊な樹脂コートで包まれています。『PUV』は最大時速55キロで走行可能です。

【4】『X-EV YoYo』


『X-EV YoYo』は都市向けに作られたコンパクトな2人乗りの電気自動車です。ボディは特殊なプラスチックで印刷されており、2つの電気モーターで動き、重さは450kg、時速は最大70kmとなっています。


【5】『Divergent Blade』


『Divergent Blade』はカルフォルニアのTechnologies社によって作られた新世代のスポーツカーです。部品は金属とABSプラスチック、カーボンファイバーなどで3Dプリントされています。


重さは635kgで、パワフルなエンジンと軽量な筐体により、0から100km/hまで2.5秒で到達します。製造には溶接が必要なく、デザインはカスタマイズ可能。この車は現在プロトタイプ段階です。

あわせて読みたい 👀



*本サイトに記載されたURLを経由して収益等が発生した際は、一部が製作者に還元される場合があります。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!