新型『iPad mini 6』は8.3インチの大型ディスプレイ搭載と業界筋、本体サイズはほぼ変わらずか

今年の秋頃に発売されるとウワサされている、新型『iPad mini 6』の画面サイズが業界筋からリークされています。

Source:MacRumors,rendersbyian
*カテゴリー:テクノロジー technology

新型『iPad mini 6』はディスプレイサイズが7.9インチ→8.3インチに進化


業界に詳しい、ディスプレイサプライチェーンコンサルタント(DSCC)のCEO、ロス・ヤング氏によれば、新型『iPad mini 6』のディスプレイサイズは8.3インチになるとのこと。

続けて、『iPad mini 6』はベゼルが狭くなり、ホームボタンが削除されることで、ディスプレイが7.9インチからサイズアップするとしています。これはつまり、ほぼ本体サイズは変わらずにディスプレイが大型化する、という意味で受け取ることができます。

著名アナリストのミンチー・クオ氏は以前、新型『iPad mini 6』は8.5〜9インチになると述べ、Bloombergのマーク・ガーマン氏は、はベゼルがスリム化され、より大きなディスプレイになると述べています。全体的には、『iPad Air 4』に近いデザインになるという予測が有力です。


プロセッサにはA14またはA15が搭載される可能性があり、Lightningポートを廃止しUSB-Cポートを搭載するとのこと。


なお、この記事の画像は全て、著名リーカーのジョン・プロッサー氏のリークを元にIan Zelbo氏が作成したもの。今のところプロッサー氏の新型『iPad mini 6』に関するリークは他のリークと多くの点が一致しており、このデザインも確度が高い予測CGになっているといえそうです。

MacRumorsが引用した、以前のDigiTimesのレポートでは、新しい『iPad mini 6』にはミニLEDディスプレイが搭載されると予測していました。が、ロス・ヤング氏はこれを否定。ミニLEDディスプレイの非搭載をサプライヤーから確認したとしています。

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!