新型Apple Watchのデザイン劇的変化で起こる弊害。Appleは問題を克服と著名アナリスト


» » » iPhone 13リーク&最新情報はこちら

9月15日にAppleイベントで発表される予定の新型、Apple Watch Series 7ですが、デザインの大きな変更により、製造上の問題に直面していることが報じられています。

しかし、著名アナリストのミンチー・クオ氏によれば、Appleとサプライヤーはこれらの問題を克服し、新型Apple Watchは9月下旬から大量生産されるとのことです。

Source:9to5Mac, MacRumors, PhoneArena,
*カテゴリー:テクノロジー technology

Apple Watch Series 7に起こる劇的変化



クオ氏は、新型Apple Watchの最大の特徴は「デザインの劇的な変化」であると述べています。テック系メディア『9to5Mac』は新型Apple Watchは、フラットな側面と四角いエッジを持つ『iPhone 12』のような外観になるとしています。

ディスプレイはより大きなサイズになり、画面周辺のベゼルは現行モデルに比べて縮小されるとのこと。海外通信社『Bloomberg』が以前、45mmのApple Watch Series 7は、現行の44mmモデルに比べてピクセル数が16%増加すると報じたことを同メディアは引用しています。


クオ氏は、新型Apple Watch 生産上の問題は、この新しいディスプレイの組み立て方法に起因すると指摘しています。Appleは外観のデザインを変更するだけでなく、内部の部品にも多くの新しい製造プロセスを採用しており、これらが弊害となっているようです。

同氏によると、Apple Watch Series 7の最初のロットでは、パネルの点滅やタッチスクリーンの感度の問題が発生したとのことです。しかし、Appleとそのサプライヤーは最近、パネルモジュールの問題を解決し、今ではすぐにでも量産できる状態になっており、今月末には大量出荷されるだろうと分析しています。

ちなみに来年の話ですが、Apple専門の米メディア『MacRumors』によると、クオ氏は投資家向けのメモの中で、Apple Watch Series 8は“新しい健康管理機能”を搭載するとのこと。

クオ氏はこの新しい健康管理機能として、Appleが早ければ来年モデルのApple Watch Series 8に追加することを検討しているとされる“体温計機能”に言及しています。

Apple Watch Series 7のデザインに関しての詳細はこちら。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!