パナソニックの新型イヤホン、つけ心地が最高だった。テクニクス『EAH-AZ40』『EAH-AZ60』実機ハンズオンレビュー


» » » iPhone&スマホの最新情報はこちら

パナソニックのオーディオブランド“テクニクス”から、新型の完全ワイヤレスイヤホン『EAH-AZ40』『EAH-AZ60』が登場します。

発売前に行われた体験会では、実際に音質や機能、つけ心地などを試すことができました。

*カテゴリー:テクノロジー technology

テクニクスの最新イヤホン、EAH-AZ40/EAH-AZ60実機ハンズオン

つけ心地が最高!カラーも魅力的なTechnics EAH-AZ40


こちらがテクニクスの最新イヤホン『EAH-AZ40』。カラーバリエーションはローズゴールド(写真)、ブラック、シルバーの3色です。


『EAH-AZ40』はコンパクトでフィット感の良い形状が魅力。イヤホンは耳が慣れるまでしばらく落ちやすいことがありますが、『EAH-AZ40』は最初からピタッとフィットしました。個人差はあると思いますが、イヤホンがコンパクトで、ズレたりしにくいのが非常に良かったです。


会場のスタッフさんに試着してもらいましたが、ローズゴールドはお洒落かつ付けていても目立ちにくいことが分かります。どちらかというとベージュに近い感じで、ゴールドらしい高級感を持ちながら落ち着きのあるデザインとなっています。


サウンドは滑らかな低音から伸びやかな中高音域が特徴で、全体的にまとまった聞きやすい音質となっています。低音もしっかりと聞こえますが、他の音を潰さず聞き疲れしにくいバランスとなっていました。

音質がより強化、ノイキャン対応したTechnics EAH-AZ60


『EAH-AZ60』は同シリーズの上位モデルに位置するイヤホンで、カラーバリエーションはブラック(写真)、シルバーの2色です。『EAH-AZ40』にはないノイズキャンセリング機能などを搭載しているのが特徴です。


『EAH-AZ60』のサウンドは、『EAH-AZ40』よりもドライバーサイズが大型なのもあり、より音の広がりが楽しめる印象です。特に中低音域の深みが増しており、立体感あるサウンドが魅力的でした。通信コーデックではLDACに対応しており、ハイレゾ再生が可能なのもAZ60の特徴です。

もちろん装着感も抜群ですが、『EAH-AZ60』はAZ40よりやや大型なため、フィット感ではAZ40が勝ります。ただし『EAH-AZ60』には7種のイヤーピースが付属しているため、自分にあうサイズを見つけやすいのがメリットです。


こちらもスタッフさんに装着してもらいました。AZ40よりも大きめなことが分かります

バッテリー持ちに関しては、『EAH-AZ40』はイヤホン単体で約90分、『EAH-AZ60』は約70分です。共にケース込みでの連続再生時間は約4時間となっています。

パナソニックのオーディオブランド“テクニクス”の完全ワイヤレスイヤホン『EAH-AZ40』及び『EAH-AZ60』の発売予定日は10月15日から。Amazonでは『EAH-AZ40』は15,000円、『EAH-AZ60』は28,000円からとなっており、すでに予約が開始しています。

パナソニックの完全ワイヤレスイヤホン『Technics EAH-AZ』シリーズの予約・購入はこちら(Amazon)


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!