iPhoneを凌駕しスマホの使い方を激変させるGoogle『Pixel 6』の「革新的新機能」


» スマホ世代におすすめの「マネー&お得情報」の最新記事リスト


Pixel 6』シリーズのキーボードアプリ『Gboard』に、専用の新しい音声入力機能が搭載されるとリークされています。

*Source:XDA, 9to5Google
*カテゴリー:テクノロジー technology

『Pixel 6』では音声入力機能が大きく進化


海外メディア『XDA』は、端末を『Pixel 6 Pro』と誤認させることで、GoogleのキーボードアプリGboardに隠された機能を使えることを発見しました。

この“アシスタントの音声入力”と名付けられた機能では、正確に文章がタイプされるだけではなく、「送信」と声で命令することで文章を送ったり、「削除」 とすることで音声で入力した文章を削除したりできます。


また、いくつかの顔文字も「〇〇の絵文字」と話すことで入力が可能なようです。他にも、メールのCCに連絡先を追加したり「次」と言うことで次のテキストフィードに進む、など、かなり細かな操作も可能となっているようです。

『XDA』は、初の独自プロセッサTensorチップが、音声認識、翻訳などの機能が大きく飛躍したことをGoogleが強くアピールしていたことを挙げ、『Pixel 6』にこの機能が搭載されることは間違いないだろうと示唆しています。

また同メディアは、この機能は昨年「強化された音声入力」という名称でテストされていたものと似ていると指摘しています。この機能は一部ユーザー向けに公開された後、一旦削除されてしまいましたが、『Pixel 6』でこの機能が帰ってくるのかもしれません。

『9to5Google』は、この機能が他のPixelシリーズなどで利用できるようになるかどうかは不明だと指摘しています。『Pixel 6』シリーズはTensorチップによって最適化できますが、前述の通り、この機能は一度他のスマートフォンでも利用可能なことが確認されています。

この機能は『Pixel 6』を始めとしたGoogle製品の大きな武器となるでしょう。個別に音声アシスタントを呼び出さず、シームレスにキーボードと連携するという意味ではAppleの『Siri』などの一歩先をいく印象。Googleはスマートスピーカーで先行する強みを活かして、スマホの使い方を一変させるかもしれませんね。




参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!