1人だけ発想がちがい過ぎるヤツが居る「1920年代に空を飛ぼうとした人々の記録映像」がヤバい

「空を自由に飛びたい」と、古来から人々は考えてきました。そして初めて飛行機を作り上げたのがあの有名なライト兄弟です。

1903年にライト兄弟が成功して以来、彼らの成功に続こうとした人々がいました。そんな人々の無謀とも言える挑戦を記録した1920年代のフィルムが、海外YouTubeチャンネル『The Film Gate』から公開されています。



 * Category:テクノロジー technology
 * Source:The Film Gate

謎の発想も。空を飛ぼうとした男たちの挑戦

まずはこちら。自転車に手で動かす羽をつけたタイプのようです。男性は必死に手と足を動かしますが、もちろん飛べません。


この「鳥を模したタイプ」は結構多かったようで、顕著なのがこれ。鳥の羽の動きを正確に再現するリアルな羽がついています。まあ、もちろん飛べませんでしたが。


こちらの男性は、手のみの力で飛ぼうとしたようです。羽をパタパタ動かす様子がなんともシュール(笑)。


「じゃあ、羽をたくさんつければ…」という発想が透けて見えるのがこちら。7枚の羽がついており、先端のプロペラを動かす動力はもちろん人間です。


結果はもちろん、お察しのとおりです。


ここまではなんとなく「鳥のマネをした」というのが分かりますが、過去にはさらに飛び抜けた発想の持ち主もいたようです。

大きなストーブ、はたまた大砲のようにも見えます。プロペラや羽も見当たりません。ちなみに、上の筒のような部分が稼働するようです。


固定翼やプロペラがあるならわかりますが、これは発想が違いすぎますね。とはいえ、何かしらセオリーはあるはずなので、詳しい人はツイッターのコメントなどで教えて下さい。ちなみに映像は、男性がおもむろに乗り込むところまでしか写っていなかったので、実際に飛んだのかどうかは……?

お次はこれ。子供の頃には誰もが考えたであろう「人間ロケット花火」方式のやつです。


結果はもちろん……


ダメでした。幸い惨事には至らなかったようで、周りの人達が慌てて雪をかけて消火する様子も写っていました。

ヘリコプターの原型的なものもあります。こちらは傘のようなモノが上下に動かして飛ぼうとしたようです。車体がグラグラ揺れますが、もちろん飛べません。


こちらは成功例。プロペラが異常に多いことを覗けば、現代のヘリコプターに近いかたちです。


とはいえ、飛べたのはせいぜい50cmぐらいのよう。当時の技術力では、軽量化が大きな課題になっていたハズです。

どれも今となっては「どう考えても無理」と感じてしまうようなモノばかりですが、飛行機を発明したライト兄弟も、過去の人々には同じように思われていたはず。こういう無謀ともいえる挑戦があってこそ、現代の便利な生活があるわけです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!