新型iMac Proが2022年前半に登場「史上最強スペック」示すリーク情報

Appleは新型iMac Proを開発しているとウワサされています。

Appleシリコンを搭載すると見込まれているこのモデルについて、Apple専門の米メディア『MacRumors』が新しいリークをまとめています。


*Category:テクノロジー technology|*Source:MacRumors, @dylandkt

リークされた新型iMac Proのスペック


『MacRumors』によれば、AppleはこのiMacを24インチの『iMac』と区別するため、「iMac Pro」という名称を復活させる可能性があるそうです。このモデルは27インチ以上とされ、大きな再設計がウワサされています。

リーカーの@dylandkt氏によると、次期iMacは、24インチiMacや『Pro Display XDR』に似たデザインになるとのこと。

ベゼルはブラックで、『Pro Display XDR』に似ているのであれば、ベゼルサイズはよりスリムになり、「あご」と呼ばれる下部ベゼルも細くなる可能性があります。


ディスプレイはミニLEDを採用し、120Hzリフレッシュレートの「ProMotion」に対応するとのこと。よりコントラストが高くなり、画面の動きが滑らかになります。著名アナリストのミンチー・クオ氏は、画面サイズは27インチより大きくなると述べています。


プロセッサは、27インチ以上のiMacとしては初めてAppleシリコンのM1 Pro、またはM1 Maxを搭載します。iMacであれば電力的な制限もないため、『MacBook Pro』以上のさらなる処理性能が期待できるかもしれません。


@dylandkt氏によれば、AppleはiMac Pro向けにFace IDをテストしたそうですが、搭載が実際に決まったのかどうかは不明です。ただし、新型『MacBook Pro』にFace IDが搭載されていなかったことを考えると、iMac Proも搭載される可能性は低そうです。

ポート構成に関して『MacRumors』は、新型『MacBook Pro』と同様のポート構成になると予想しているようです。『MacBook Pro』はUSB-C/Thunderboltポート、SDカードスロット、HDMIポートを搭載しています。また、24インチ『iMac』のように、電源アダプタにイーサネットポートを内蔵する可能性もある、と指摘しています。

これらの予想・リークが正しければ、iMac ProはiMac史上最強といえるモデルとなるでしょう。ただし同メディアはベースモデルが2,000ドル(約23万円)程度からになると示唆しており、価格も相応に高く設定されるようです。

『MacRumors』によれば、このモデルは2022年前半、おそらく6月のWWDC以前に発表されるとのこと。このモデルが、現在の27インチiMac(インテル搭載)のラインナップと変わるとのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!