iPhone 14は「Wi-Fi 6Eに対応」リークが示すAppleの「秘密の計画」

iPhone 14複合現実ヘッドセットなどについて報告した、著名アナリストのミンチー・クオ氏の投資家向けレポートを、テック系メディア『MacRumors』が発見しました。


*Category:テクノロジー technology|*Source:MacRumors(1) ,(2) ,The Infomation ,Antonio De Rosa

次世代通信規格Wi-Fi 6Eが示す「Appleの新たな挑戦」


クオ氏の最新のレポートでは、iPhone 14は次世代通信規格である“Wi-Fi 6E”をサポートするとされています。

Wi-Fi 6Eを簡単に説明すると、“より高速な通信に対応したWi-Fi規格”です。現在のWi-Fiは2.4GHzと5GHzの2つの周波数帯で使われていますが、ここに更に高速な6GHzが加わります。これらの3つの帯域全てに対応するのがWi-Fi 6Eです。

クオ氏はさらに、このWi-Fi 6Eに対応する製品として、複合現実(MR)ヘッドセットも挙げています。同氏は、この次世代通信規格、Wi-Fi 6EがARやVR体験に必要な高速無線通信を提供する鍵になると説明しています。


また、Meta(元Facebook)をはじめとするAR・VR用のヘッドマウント型ディスプレイも、Wi-Fi 6Eを搭載する予定であることを『MacRumors』は指摘しています。ここからも、AR・VR・MRデバイスにおいて、いかに高速な通信速度が重要であるかが分かります。

これまでの噂から分かることは、次世代のApple製品が密かに、AR・VR市場を狙った計画や製品の進化を進めているということです。AR・VRの実現には高性能なチップセットが必要であり、さらには膨大なデータを低遅延で通信しなければいけません。また、Appleが一部モデルに搭載したLiDARセンサーなども、ARに関連する重要な技術です。

以前の噂によると、Appleのこのヘッドセットは、基本的にiOSデバイスなどと連動するように設計されているようです。




参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!