テスラ車を溶かしてつくったイーロン・マスクの肖像画付き「魔改造iPhone」が超高値で販売中

» 【まとめ】Amazon ブラックフライデー【記事一覧】




イーロン・マスクの肖像画が掘られ、テスラ風のデザインに改造されたiPhoneが、ロシアの会社から高額で販売されています。


*Category:テクノロジー technology|*Source:Caviar

テスラ車を溶かして素材にしたロシア製の改造iPhone

このiPhoneを発売しているのは、ロシアのCaviarという会社。Caviarは「ダイヤモンドと純金を使ったiPhone 13 Pro」を42,380ドル(約480万円)で販売するなど、クレイジーな製品を数々出しているメーカーです。


そんなCaviarが先日発売した新商品がこの『TESLA ELECTRO』。これは『iPhone 13 Pro』を改造したものです。


何より驚きなのがその素材。背面のアルミパネルにはイーロン・マスクの肖像画が掘られていますが、その部分はなんとテスラ車を溶かして作られています。

Caviar公式からは実際にテスラモデル3のボディを溶かしている動画が公開されています。


ボディはチタン製で、デザインもテスラ車を思わせるようなものとなっています。価格は6,760ドル(約76万円)から。さらに1TBストレージの『iPhone 13 Pro Max』モデルは、8,380ドル(約95万円)という驚異的な価格になっています。

他にも需要は不明ですが、イーロン・マスクの銅像も(おそらく勝手に)販売されています。


こちらの素材もテスラモデル3のアルミニウム部品。台座は大理石製で、価格は3,220ドル(約36万円)からとなっています。

本物のテスラ車をカスタムすることも出来るっぽいですよ。『MODEL EXCELLENCE 24K』は純金パーツをふんだんに使った高級仕様。


ちょっと目立ちすぎる気もしますが、実物を見てみたい気もしますね。ちなみにこちら、お値段は「リクエスト価格」とされています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!