Apexや荒野行動に登場する名銃『AK-47』の知られざる仕組み

「世界で最も多く使われた軍用銃」としてギネス記録にも登録されているアサルトライフル『AK-47』は、世界一有名な銃と言っても過言ではないでしょう。ロシアのミハイル・カラシニコフが設計したこの銃は、単なる武器としての知名度を超える存在となっています。

その知名度から『AK-47』は、『PUBG』『荒野行動』を初めとした多くのゲームに登場。他にも『Apex Legends』に登場する“VK47フラットライン”や『VALORANT』の“ヴァンダル”のモデルとなっています。

この『AK-47』のメカニズムを、海外YouTubeチャンネル『Matt Rittman』がCG付きで解説しています。




*Category:テクノロジー technology|*Source:Matt Rittman

ロシア製のアサルトライフル『AK-47』のメカニズム

» 引き金を引くと、ハンマーが外れ、撃針を打つ


» 弾丸プライマーに発射ピンが当たり、爆発して火薬に点火する


» 膨張したガスがピストンを後退させる


» ボルトが後退し、薬莢を排出する


» ボルトがマガジンから銃身に次の弾丸が挿入する


» ボルトがハンマーをスタートポジションに戻す


» ボルトが元の位置に戻るまで、シアーがハンマーを固定する


» オートマチックで発射するには、セレクターを中央の位置に移動させる


» トリガーを押している間、ディスコネクターがハンマーに引っかからないよう後退する


『AK-47』はシンプルかつ安定性が高いことから、アサルトライフルの代名詞として知られるほどの長い間、現役として使われてきました。

この『AK-47』の後継モデルとしては、『AK-74』が登場しています。この『AK-74』が実際に射撃している様子を、海外YouTubeチャンネル『Vickers Tactical』が公開しています。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!