Apple製品の未来はディスプレイでわかる。ミニLED搭載iMac Proは’22年春、折りたたみiPhoneは?

コンサルタント会社「DSCC」は13日、2022年のディスプレイ業界の展望についてのレポートを公開しました。この中では、今後発売が期待されているApple製品に関しても触れられています。


*Category:テクノロジー technology|*Source:DSCC ,MacRumors(1) ,(2) ,rendersbyian

Appleの未来をミニLEDと有機ELのディスプレイで予測

ディスプレイ業界のサプライチェーンに精通するロス・ヤング氏による最新レポートでは、ミニLEDと有機ELを中心とした製品などについてまとめられています。

» 新型iMac Proは「MacBook Pro」と同等のディスプレイに

レポートによると、Appleが今後発売すると噂されている新型iMac(Pro)は、「MacBook Pro」と同様にミニLEDディスプレイを搭載するとのこと。


AppleがミニLED、120Hz可変リフレッシュレート、オキサイドバックプレーン(LTPO)を搭載した27インチiMac Proを発表。

AppleがPro Motion対応のiMacを春に導入することが期待されている。(DSCC)

Appleは2021年の冒頭に「M1」チップを搭載した「24インチiMac」の新型をリリースしましたが、27インチモデルはインテル製チップ搭載のまま更新されていません。テック系メディア「MacRumors」によれば、このiMacには「M1 Pro」または「M1 Max」チップが搭載することが期待されているとのこと。

» 折りたたみiPhoneなどその他のApple製品にも言及

レポートでは折りたたみiPhone、有機EL(OLED)搭載のiPadやMacBookに関しても触れていますが、これらの登場は早くても2023年で、実際には24年になる可能性が高いとしています。「MacRumors」によれば、AppleはLGやサムスンと協力して折りたたみiPhoneの開発に取り組んでいるようです。


iPhone 14に関しては、ノッチ廃止の方向で進んでいるとのこと。これは、最近多く噂されているパンチホールカメラの採用を指しています。


また、ディスプレイ業界全体の動きとして、有機ELとミニLEDディスプレイの競争では価格差が重要になると示唆しています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!