iPhone 14 Proは「4800万画素カメラ」を初搭載、2022年モデルは進化がスゴい!



» Apple製品の未来はディスプレイでわかる。ミニLED搭載iMac Proは’22年春、折りたたみiPhoneは?




香港の国際証券会社「Haitong International Securities」のアナリスト、Pu氏によるリサーチノートの中で、2022年に登場する見込みのiPhone 14 Proについて報告されています。


*Category:テクノロジー technology|*Source:MacRumors ,Front Page Tech

iPhone 14 Proの大進化をアナリストがリーク


このリサーチノートを入手したテック系メディア「MacRumors」によれば、Pu氏はAppleの噂について様々な実績をもつ人物です。直近では、ミニLEDディスプレイを搭載した16インチのMacBook ProとiPad Proモデルが2021年に発売されるという予測を見事に的中させています。

レポートによると、iPhone 14 Proは4800万画素のメインカメラと1200万画素の超広角カメラ、望遠カメラを搭載するとのこと。現行モデルは全てのカメラが1200万画素となっていたため、メインカメラに関しては大幅な高画質化が期待できます。

これは、著名アナリストのミンチー・クオ氏が4月に発表した、iPhone 14 Proが4800万画素のカメラを搭載し、8Kビデオ撮影に対応するという情報と一致しています。


またPu氏は、iPhone 14 Proには8GBのメモリ(RAM)が搭載されると予想しています。「iPhone 13 Pro」のメモリは6GBだったため、こちらも大幅な増加です。

他にも同氏は、iPhone 14の4モデルすべてに120Hzのディスプレイが搭載されると主張しているようです。ただし、「MacRumors」は、これについては可能性が低いと指摘しています。

» iPhone 14 Proはデザインも変化

以前には著名リーカーのジョン・プロッサー氏がデザインの大幅な変化をリークしています。


リークによれば、iPhone 14 Proではノッチが廃止され、カメラの出っ張りがなくなるようです。

デザインの変化、カメラの強化、メモリ増加、さらには例年通りプロセッサーの強化まで実現することとなれば、iPhone 14 Proが注目を浴びるモデルとなることは間違いないでしょう。来年のiPhoneの進化が楽しみです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!