「M1 Max」対「インテルXeon」新旧Macで3倍の差がでる作業とは?



» Appleが目指す「iPhone 14 Proで8K撮影」の実現は簡単ではない




M1 Max搭載「MacBook Pro」とインテルXeonを搭載したMac Proの、とある作業における比較が公開されています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:wccftech ,MacWorld

M1 Max搭載MacBook Proが「本領を発揮」する作業


Appleの新「MacBook Pro」に搭載されたM1 ProとM1 Maxは、驚異的な性能とバッテリー駆動時間を誇り、インテル搭載の旧モデルから大きな進化を果たしました。

テック系メディア「MacWorld」によれば、ただでさえ高性能なM1 Maxが本領を発揮するのが「ProResビデオの書き出し」です。

M1 Max搭載MacBook Proが得意とするProResとは?

ProResは、Appleが開発したビデオコーデックです。 画質と編集などの扱いやすさで人気が高く、柔軟性の高い「ProRes Raw」から、より一般的な「ProRes 422 HQ」まで、品質に応じた様々な種類があります。

ProResは最小限のデータ圧縮しか行わないことが特徴です。そのためデータ量は大きくなるものの、編集前の動画コーデックとしてはかなり優秀です。

Appleは、ProResコーデックでプロだけをターゲットにしているわけではありません。今年発売された「iPhone 13 Pro」も初めてProResでの撮影に対応し、幅広いユーザーにこのコーデックを普及させようとしています。

M1 Max搭載「MacBook Pro」対インテルXeon搭載「Mac Pro(2019)」


検証では、M1 Max搭載MacBook Proの対抗馬として「Mac Pro(2019)」が選ばれています。Mac Proは28コアのIntel Xeonプロセッサを搭載する、かなりパワフルなデスクトップPCです。

結果としては、M1 Maxが約3倍の速度でProResビデオの書き出しが可能なことが判明しました。


さらには、ProResの書き出しを高速化するAfterburnerカード(別売りで22万円)を搭載したMac Proとの比較でさえ、M1 Maxは約2倍の差を見せています。

最適化が優れているとも考えられますが、デスクトップPCであるMac Proと比較してのこの結果は驚異的。M1 Max搭載iMacなどの噂もありますが、電力的な制限がなくなったAppleシリコンがどれほど性能を出すのか、楽しみな半面恐ろしくすら感じられます。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!