Appleが目指す「iPhone 14 Proで8K撮影」の実現は簡単ではない



» iPhone 14 Proは「4800万画素カメラ」を初搭載、2022年モデルは進化がスゴい!




iPhone 14 Proのカメラは、1200万画素から4800万画素に進化すると噂されています。これについて、テック系メディア「MacRumors」が技術的な難しさを解説しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,Android Authority ,rendersbyian

iPhone 14 Proの「8K撮影」実現の鍵を握る技術


アナリストのミンチー・クオ氏は今年初めのリサーチノートで、iPhone 14 Proモデルは新たに8K撮影が可能な4800万画素の高解像度カメラを搭載すると指摘しました。

ただし、これは単にセンサーを交換すればいいというものではありません。同じサイズで高解像度なカメラを搭載すれば、一度に取り込める光の量がへり、暗所の撮影に弱くなってしまいます。

iPhone 14 Proのカメラの鍵を握る「ピクセルビニング」とは?


クオ氏によれば、iPhone 14 Proモデルでは4800万画素と1200万画素の両方の出力に対応するとのこと。「MacRumors」は、これは「ピクセルビニング」という技術によるものだろうと示唆しています。

これは、複数のピクセルを1つの「スーパーピクセル」として取り扱い、一度に取り込める光の量を増やす技術です。これについては、別のテック系メディア「Android Authority」が光を雨に例えて説明しています。


カメラセンサーを庭と考え、画素を雨を貯めるバケツと考えてください。庭にはたくさんの小さなバケツを置くか、代わりにいくつかの大きなバケツを置くことができます。ピクセルビニングは、必要に応じて小さなバケツを1つの巨大なバケツとして統合することと同じです。

この「ピクセルビニング」により、iPhone 14 Proは、明るい場所では4800万画素の写真を、暗い場所では1200万画素の写真を、高品質のまま撮影できるようになります。なお、ピクセルビニングはすでに一部のAndroidスマートフォンで採用されているものです。

ただし、ピクセルビニングで撮影した写真では色の精度が低下するため、補正する必要があります。この補正の精度次第で写真の完成度が変わってくるため、iPhone 14 Proではより高い画像処理技術が問われるはずです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!