米軍開発の無人水中ドローン「マンタ・レイ」の外観が完全にSF超兵器



» 22兆円超の資産を持つ大富豪イーロン・マスクが所有するクレイジーなモノたち




米国国防高等研究計画局(DARPA)が、「マンタ・レイと呼ばれる無人水中ドローン(UUV)計画がフェーズ2に進むことを発表しました。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:DARPA ,DARPAtv

無人水中ドローン「マンタ・レイ」のコンセプト動画が公開


DARPAがプレスリリースで述べているように、このプログラムの目的は、後方支援やメンテナンスの目的であっても、人の手を借りずに長時間活動できる水中ビークルを開発することです。

コンセプト動画に見られるように、UUVは深海で活動することが期待されています。動画では、マンタ・レイの背面から装置が飛び出す様子などが示されています。


公式サイトで、マンタ・レイのプログラム・マネージャーであるカイル・ワーナー氏はこう述べています。

DARPAのマンタ・レイ計画は、ペイロードを搭載した自律型水中ビークルが、乗組員のいる船舶やサポート・インフラから独立して運用できるようにするための大きなブレークスルーをもたらしました。

マンタ・レイ・プログラムのフェーズ1では、エネルギー管理やUUVの信頼性、生物付着と腐食の制御、ナビゲーション、海底の障害物の回避など、長期的なミッションを可能にするためのアプローチが実施されていました。


今回の発表によれば、この計画はフェーズ1を終え、フェーズ2への移行の準備が整ったとのこと。今後は選定された企業がサブシステムの試験を行い、実物大の実機の製造と水中でのデモンストレーションが行われるとのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!