Appleがプロ仕様のカメラ「ProCam」を発売したら?→iPhoneにはない懐かしの機能が!



» iPhone 15に新機能「マジックホイール」が搭載されたら→これは意外と便利そう!




「Appleがプロ向けのカメラを販売したら?」という発想から作られた「Apple ProCam」の仮想CGが公開されています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Aderosa ,Cult Of Mac

Appleのプロ向けカメラ「ProCam」の仮想CG


この「Apple ProCam」のCGは、リーク情報をもとに作られているわけではなく、海外のデザイナー、アントニオ・デ・ローザ氏が考えた想像上の製品です。


ProCamは「もしAppleがプロの写真家のためにカメラを作るとしたら、どんな機能が含まれるだろうか」という問いに答えるようなデザインになっています。

外観はiPhone 13 Proのカメラモジュールだけを切り離しただけのようにも見えます。


しかしもっとも特徴的なのは、インクレスプリンター「StyleWriter Compact」を搭載している点です。いわゆるインスタントカメラのような機能です。


インスタントカメラは現在の主流ではありませんが、最近は「スマホで取った写真とは違った趣きがある」と一部で注目されています。

また、ProCamはプロ仕様のカメラレンズを追加できるなど、iPhoneのカメラにはない機能も備えています。


他にも、SiriやM1プロセッサーの搭載など、Appleらしい機能も盛り込まれています。


ホイールもあります。Apple Watchのデジタルクラウンのような形をしていますが、上部はミニサイズのタッチスクリーンになっており、モードをすぐに確認できるようになっています。


この仮想CGが考えられた背景には、Appleが1994年頃に発売した「QuickTake」というデジタルカメラがあります。この製品は失敗に終わりましたが、現在は「iPhone」というカメラで成功を収めています。

iPhoneは近年ますますプロ向けの撮影機能を充実させており、カメラ業界に影響を与えています。少なくともAppleがカメラ単体で売り出すことはなさそうですが、「Appleは大手カメラメーカーでもある」と考えてみると、また違った側面が見えてきそうです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!