AppleのAR/VRヘッドセットは「Mac並みのパワー」著名アナリストが新たな証拠をリーク



» Appleの「ARヘッドセット」ディスプレイ解像度は「iPhoneの約10倍」と業界筋がリーク




Appleが2022年中に発表する見込みの「AR/VRヘッドセット」について、著名アナリストのミンチー・クオ氏が新たな情報を公開しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,RendersByIan

Apple ARヘッドセットはMac並みの処理性能になるとクオ氏が主張


テック系メディア「MacRumors」が共有したクオ氏のレポートによると、AppleのAR/VRヘッドセットは、上位機種である14インチMacBook Proに同梱されている96WのUSB-C電源アダプタを採用するとのこと。

クオ氏はこれについて、Appleのヘッドセットが大きな高い給電能力を必要とすることは、同製品がMacレベルの処理性能を持つことの証明であると述べています。

同氏は以前から、AppleのヘッドセットにTSMC製の5nmチップと4nmチップの2つのプロセッサが搭載されると繰り返し主張しています。この2つの中で、上位のプロセッサはMac向けM1チップと同等の演算能力を持ち、下位のプロセッサはヘッドセットのセンサー関連を管理するとのこと。


これにより、Appleのヘッドセットは処理性能の面で競合の製品よりも2〜3年先を行くと主張しています。現状のAR/VRヘッドセット単体での処理性能は決して高くはなく、この点でもAppleのヘッドセットは革新的なものとなりそうです。

外観に関しては、3Dデザイナーのイアン・ゼルボ氏が予測CGを公開しています。

このCGでは、AppleのARヘッドセットは「Apple View」という名称で呼ばれています。Appleのヘッドセットに関しては以前からこのデザインが主流で、実際にこのようなデザインになる可能性は高いとみられています。

他にもクオ氏は「Appleのヘッドセットは、ARとVRのモードをシームレスに切り替えられる革新的な体験を提供するだろう」と述べています。クオ氏の以前の報告によれば、Appleのヘッドセットは2022年の第4四半期に発売され、2023年の第1四半期には出荷が本格化するとのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!