サムスンの折りたたみスマホが絶好調「2022年の生産数は2倍」とアナリスト予測



» 「イーロン・マスクがスマホを創る」というウワサの正体




ディスプレイ業界に詳しいアナリストのロス・ヤング氏が、サムスンの折りたたみスマホに関するレポートを公開しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:DSCC ,@DSCCRoss ,Samsung

折りたたみスマホ市場でサムスン好調、業界全体が引き続き成長中


ヤング氏が公開したレポートによれば、サムスンの折りたたみ式スマートフォンは引き続き好調で、12月の生産台数は前年同月比3435%増の147万台と過去2番目に多いとのこと。

2021年の折りたたみ式スマートフォンの生産台数は、約300%増の810万台。この中で、「Galaxy Z Flip 3」が全体の67%を占め、約100万台となっています。


2021年のサムスンの折りたたみスマホ需要を牽引したのは韓国で、シェアは32%、続いて欧州が31%、米国が29%となっています。2020年と比較すると、米国が大幅にシェアを伸ばし、欧州も堅調に推移しています。

2022年に向けては、ヨーロッパでの需要が急増しているとのこと。サムスンの折りたたみスマホの生産台数のうち、ヨーロッパ向けモデルが56%を占め、第1四半期では50%を超えると予想されています。


サムスンの22年第1四半期の生産台数は、前年同期比568%増の150万台以上となる見込みで、特にZ Flip 3が生産台数の70%を占めるなど好調を維持しています。また、ロス・ヤング氏はツイートで「2022年の折りたたみスマホ生産数は昨年の2倍になる」と示唆しています。

折りたたみスマホは順調にシェアを伸ばしており、最近ではサムスン以外のメーカーからも登場しています。最近では中国Oppoが折りたたみスマホを発表したことが記憶に新しく、Googleも折りたたみスマホを開発中とウワサされています。

しかし、技術面やシェア率ともに支配的なのは未だにサムスンです。他社製品がでているとはいえ、今後しばらくはサムスンが折りたたみスマホを代表するメーカーとして成長していくでしょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!