Googleの折りたたみPixel、名前は「メモ帳」画面は珍しい形状に



» iPad mini 6が「意外にも微妙」な3つの理由




以前から開発が噂されているGoogleの折りたたみスマホについて、複数の具体的な情報がリークされています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Google(1) ,(2) ,GSMArena

折りたたみPixelの名称は「Pixel Notepad」


テック系メディア「9to5Google」が入手した情報によれば、噂の折りたたみPixelはメモ帳を意味する「Notepad」という名称で呼ばれているとのこと。

以前まではPixel Foldと仮に呼ばれていましたが、これは代表的なサムスンの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」シリーズにあやかったものでした。ただし、製品名称は変更される可能性もあるため、「Pixel Notepad」で決定とは限りません。


同じ情報源によると、この「Pixel Notepad」は1799ドル(約20万円)の「Galaxy Z Fold 3」よりも低価格のデバイスになるとのこと。初代の折りたたみスマホは高くなる傾向にあるため、これはかなり挑戦的な価格設定です。

これまでの噂によれば、Googleの折りたたみスマホは独自チップ「Tensor」を搭載しているとのこと。ただし、カメラ性能は「Pixel 6」よりも低くなるとされています。

また、同メディアは「Googleの折りたたみスマホは、広げるとほぼ正方形の8.4:9のアスペクト比となる」と指摘しています。これはGalaxy Foldシリーズとは異なる珍しい形状ですが、最近では「Oppo Find N」がこの形状を採用しています。


昨年末には、Googleが「Pixel Notepad」の部品の注文をキャンセルしたという噂がありましたが、現在でも開発は継続されているようです。登場時期は不明ですが、開発状況の噂からすると、早くても2022年の秋頃になると予想されます。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!