次世代iPad Proは「M2」搭載で2022年後半に登場、開発には課題あり



» あなたのiPhoneにこれが表示されたら絶対に無視しないでください




Appleは、11インチと12.9インチの新型「iPad Pro」を2022年中に発表すると予想されています。最新のリークでは、この発表が今年の後半に行われることが確認されました。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:Appleinsider ,9to5Mac ,@dylandkt ,Apple

M2搭載iPad Proが2022年後半に登場


Apple製品のリーカーとして知られている@dylandkt氏が、次期iPad Proの登場次期や機能について確認しました。

秋にはM2 iPad Proが登場します。ワイヤレス充電/MagSafe機能に関しては、複数の情報源から懸念の声を聞いています。すべてのiPad Proモデルには、MiniLEDディスプレイが搭載されます。また、AirPods Pro 2も秋に発売される予定です。

同氏によれば、次期iPad Proには新プロセッサ「M2」が搭載されるとのこと。現行のiPad ProモデルにはM1チップが採用されているため、M2へアップグレードされる可能性は高いと考えられます。

以前には、M2チップは3nmプロセスで設計される可能性があると言われていましたが、現在ではこれは来年になるとの説が有力です。また、M2が搭載されるのはiPad Proだけではなく、MacBook ProやMacBook Airの新モデルもM2を搭載する可能性があるとテック系メディア「Appleinsider」が指摘しています。


ディスプレイについては、12.9インチモデルのみ採用されていたミニLEDディスプレイが、次世代iPad Proシリーズではすべてのモデルに採用されるとのこと。これは、著名アナリストのミンチー・クオ氏の予測とも一致しています。

MagSafe充電については、iPad Proへの導入が検討されているとの噂もありましたが、@dylandkt氏は否定的です。以前のテック系メディア「9to5Mac」のリークによると、MagSafe充電を導入するには従来のアルミニウム製筐体をガラス背面に変える必要がありますが、iPadサイズのデバイスでは強度が足りないという課題に直面するとのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!