ハンドルのない電気自動車「メルセデス ヴィジョンAVTR」の内装とその機能



» イーロン・マスクがラスベガスの地下に掘った「ボーリングカンパニー」のトンネルをテスラで爆走してきました(動画あり)




メルセデス・ベンツの電気自動車「ヴィジョンAVTR」を、世界中のスーパーカーを紹介するYouTubeチャンネル「Supercar Blondie」のセルジ・ガリャーノ氏がレポートしています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Supercar Blondie ,Mercedes

映画「アバター」にインスパイアされた「メルセデス ヴィジョンAVTR」の外観

「メルセデス ウィジョンAVTR」の「AVTR」は「アバター」の略です。これは、この車が映画「アバター」にインスパイアされていることを指しており、「Advanced vehicle transformation(先進的な自動車の変革)」の略でもあります。


実際に、この特徴的なタイヤ部分はアバターに登場する「魂の木」の種をイメージしているそう。このLEDライトは状況によって変化し、充電中は内側にエネルギーが吸い込まれているようなパターンになります。


また、このLEDライトは方向指示灯も兼ねており、ターンしたいときにボタンを押すと、タイヤのLEDライトが赤く光ります。


ベンツのロゴも光っており、近づくとかすかに見える、細く光る筋がとってもクール。


後ろ側にある33枚のウロコのようなものは、メルセデスが「バイオニック・フラップ」と呼ぶ機能です。運転中には車の操作に連動してこのウロコが動きます。


後部にもLEDライトの筋があり、これは車のスピードを出せば出すほど、連動してLEDライトのパターンが早く流れるようなものに変化するそうです。


側面のドアはほぼガラスで取っ手が存在しませんが、タイヤの間にある秘密のボタンと小さな指紋認証センサーが隠されています。



参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!