Googleの折りたたみPixelは2022年後半に発売、独自チップ「Tensor」搭載で画面は正方形とのウワサ



» 折りたたみiPhone:サブ画面搭載&「隠れAppleロゴ」がクールな仮想CG




Googleが開発中と噂されている折りたたみスマホ「Pixel Notepad」について、業界筋から新たなリークが登場しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:@DSCCRoss ,9to5Gogle(1) ,(2)

Googleの折りたたみPixelは12ヶ月遅れで登場


ディスプレイに関する数々のリークを的中させているロス・ヤング氏は新たな投稿で、折りたたみPixelの計画が再開したと伝えました。

復活しました!Googleの折りたたみ式Pixelは、22年第3四半期にパネル生産を開始し、22年第4四半期に発売されるようです。

以前には生産中止も噂されていましたが、同氏の別のツイートによれば「一度注文がキャンセルされたものの、再開した」とのこと。これにより、Googleの計画に12ヶ月の遅れが出たことも指摘しています。

まあ、部品の注文はキャンセルされたけどね。しかし、予定より12ヶ月遅れで発売されることになりました。

テック系メディア「9to5Google」によれば、噂の折りたたみPixelは、メモ帳を意味する「Notepad」という名称で呼ばれているとのこと。形状は「Galaxy Fold」シリーズに見られる「サブ画面+折りたたみのメイン画面」の方式です。

また同メディアは、サムスンのFoldシリーズ等とは異なり、メイン画面は広げるとほぼ正方形になっていると示唆しました。最近では「Oppo Find N」がこの形状を採用しています。


プロセッサにはGoogleの独自チップ「Tensor」を搭載。カメラに関しては12.2MP(メイン)+12MP(超広角)の構成になっており、「Pixel 6」よりも劣るとのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!