いつかiPhoneはこうなる…?



» 折りたたみiPhone:サブ画面搭載&「隠れAppleロゴ」がクールな仮想CG




2023年に登場する見込みの「iPhone 15 Pro」の仮想CGを、海外デザイナーのDZ Migo氏が公開しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:DZ Migo ,NOKIA ,MacRumors

「iPhone 15 Pro:7眼カメラ&虹色に光るライトを搭載した仮想CG

こちらが「iPhone 15 Pro」の仮想CG。正面は普通に見えますが……


背面のカメラはなんと7つ。


カメラのセンサーサイズはかなり大きく、フラッシュライトも2つあります。確かにキレイな写真が撮れそう。


特徴はこれだけではありません。なんと背面のロゴがMacBookのように光るようになっています。


背面だけではなく、端末の側面も光るという斬新な仕様。これはRGBライトになっており、好きな色に光らせられるという設定のようです。


赤いボディで緑のライトが光っていると、まるでゲーミングスマホのような派手さです。実際AppleがProモデルをここまで派手なデザインにするとは思えませんが、たまにはこういうデザインもウケるかも?


もちろんこのCGはあくまでコンセプトであり、リークに基づくものではありません。iPhone 15 Proに関するリークはまだ少ないものの、カメラ関連では「ペリスコープレンズ」を採用する可能性があると噂されています。

7眼のスマホといえば、「Nokia 9 PrueView」を思い出します。実際カメラは5つで、他はセンサーとフラッシュですが、登場当時はその独特な外観が話題となりました。


カメラ性能の向上と引き換えに、どんどんカメラが増えたり、大きくなったりするiPhoneやAndroidスマホ。キレイな写真が撮影できるのは嬉しいですが、バランスが難しいところです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!