iPhoneの隠し機能「仮想ホームボタン」がAppleの知らぬ間に流行った理由



» 気づきましたか? AppleEventに仕込まれた「シークレット・メッセージ」に。




iPhoneには「AssistiveTouch」という、ホームボタンに似た役割を果たすアイコンを表示する機能が搭載されています。

この機能がなぜ搭載され、人気になったのかを、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,Apple ,cnet

iPhoneの仮想ホームボタン「AssistiveTouch」はなぜ搭載されたのか?

2017年、Appleは「iPhone X」以降の機種のほとんどからホームボタンを削除しました。しかしiPhoneには、隠れた代替手段として、仮想ホームボタン「AssistiveTouch」という機能が搭載されています。


実は「AssistiveTouch」機能は、iPhoneからホームボタンが消えた2017年よりも前から存在していたものです。この機能の登場は2011年で、「iOS 5」の発表とともに実装されました。

この機能は、仮想ホームボタン兼ショートカットボタンとしての役割を果たしています。ショートカットには最大8つのメニューを登録する事ができ、「ホーム画面に戻る」「カメラを起動する」などの動作がスムーズに行うことができました。


ただし、この機能が搭載された意図はあくまでもアクセシビリティの向上で、何らかの理由で、物理ホームボタンを押すことが難しいユーザーに向けたものです。そのため、Appleはこの機能に関してはあまり宣伝しませんでした。


しかし、この仮想ホームボタンは意外な反響を呼びました。まず、単純にショートカット機能が便利だったため、機能に気づいたユーザーの一部が使い出しました。

もう一つが、ホームボタンが故障したユーザーの代替手段としての流行です。物理的にクリックする仕様のボタンを採用していた「iPhone 7」より前のモデルでは、ボタンの故障は非常に多かったのです。

実際、海外メディア「Cnet」の「ホームボタンの直し方」にまつわる2012年の記事では「どんなにiPhoneを安全に保っていても、ホームボタンはいずれ経年劣化する可能性がある」と指摘されています。


AppleもiPhoneの物理ボタンが故障しやすいという問題には気づいていたようで、「iPhone 7」では物理的にクリックしないタッチセンサーを搭載しました。


しかし、その後に登場した「iPhone X」ではホームボタンが廃止されており、その代替手段として「AssistiveTouch」を使うユーザーも現れることとなります。

こうして、「AssistiveTouch」はいつの間にかホームボタンの代替手段として一般的に普及しました。通常はほとんど注目されないアクセシビリティ機能が、意図せずに定着したことには、Appleも驚いたかもしれません。

ショートカットからすぐにカメラを起動させたり、ホームボタンや電源ボタンを押さずに「Siri」を起動させたりできる「AssistiveTouch」は、現在でも非常に便利な機能の一つです。


仮想ホームボタン「AssistiveTouch」 を有効にする方法は以下の通り(Apple公式サイト)。

  • 「設定」>「アクセシビリティ」>「タッチ」の順に選択し、「AssistiveTouch」を選択してオンにします。
  • 「Hey Siri」を使って、「AssistiveTouch を有効にして」とお願いします。
  • 「設定」>「アクセシビリティ」>「ショートカット」の順に選択し、「AssistiveTouch」をオンにします。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!