「iPhone 14 Proの設計図」とされるデータが流出。ノッチ・カメラの出っ張り・厚みなどの変化は?



» エモい…「最初のiPhone」で撮った動画がエモい




スマートフォン関連のリークに実績があるマックス・ワインバック氏が「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」の設計図を公開しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:Appleinsider ,@MaxWinebach ,@aaple_lab ,RendersByIan

「iPhone 14 Pro」の設計図とミリメートル単位の寸法がリークされる


ワインバック氏が共有した「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro」設計図には、ミリメートル単位の寸法も記載されています。同氏によればこれは「初期の設計図」だそうです。

既存のiPhone 13 Proモデルと比較すると、その数値はほぼ同じです。カメラ周りのデザインも似ていますが、前面には2つのパンチホールがあるなど、現行モデルとの違いもあります。

テック系メディア「Appleinsiders」は、寸法に若干の差があるのは「ディスプレイ周りのベゼル厚が細くなったことと、ノッチがないことに起因する」と指摘。また、両機種とも厚さが0.2mm増加しているとのことです。


ここ最近では「iPhone 14 Pro」ではノッチが廃止され、背面の大きなデザイン変更は行われないとのリークが増えています。先日には、これらの最新のリークを基に@aaple_lab氏が予測CGを公開しました。

対して、著名リーカーのジョン・プロッサー氏による以前のリークが外れていた可能性が高くなっているようです。同氏は昨年9月、カメラが飛び出していないデザインになった「iPhone 14 Pro」の予測CGを公開しています。


「iPhone 14」シリーズの他のモデルについては、miniモデルが廃止され、代わりにより大きな「iPhone 14 Max」モデルが登場するとの説が有力です。また、新プロセッサ「A16」はProモデルのみに搭載され、通常モデルには「A15」が引き続き搭載されるといわれています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!