Amazonセールで犯しがちな「5つの痛恨ミス」と回避方法

Amazonが「新生活SALE」を3月29日(火曜)23:59まで開催しています。

Amazon「新生活SALE」のページ


*Category:テクノロジー Technology|*Source:

Amazonのセールはお得な製品が多く、最近は粗悪品もグッと少なくなっているので「どれも買ってもだいたいおトク」とおもっているかもしれませんが……ぼんやりと買い物をしているあなたは損をしているかもしれません。

セールで損をしないためのポイント5つ

ミス1:フェイク・レビューにだまされる

Amazonでショッピングをする際に参考になるレビューや星での評価。けれども、一部の悪徳業者はお金を払ってサクラに書き込みをさせていることがあるそうです。うっかり、サクラが書いたフェイクレビューを信じて購入したら、粗悪品だったということにならにように活用したいのが、偽レビューの有無を評価する「サクラチェッカー」です。


上記のスクリーンショットは「Anker Nebula Capsule II」を「サクラチェッカー」で調べたようす。サクラレビューや評価に汚染されてないことがわかるので安心して購入できます。

100%完璧な精度でフェイクレビュー、サクラを見抜けるわけではありませんが、参考として利用するにじゅうぶん実用レベル。購入前に一度「サクラチェッカー」を使ってみるのがおすすめです。

ミス2:「ギフト券チャージで還元ゲット」をしない

意外と知られていないのは「Amazonで常時使える、最大2.5%還元が受けられる方法」が存在すること。無料でできて、その日から使えるので「やらない理由がない」テクニックです。

Amazon,チャージ,バナー

Amazonで最大2.5%の還元を受ける方法はギフト券チャージ機能を利用することです。この方法を使うだけでポイントでの還元が受けられます。

クレジットカードでチャージする場合

クレジッドカードでのチャージはネットで、すぐにできる最速かつもっともシンプルな方法です。チャージにAmazon プライム会員になっている必要がありますが、その条件さえみたしていれば確実に0.5%の還元が受けられます。



クイレジット カードでのAmazonチャージの使い方

クレジッドカード側でもポイントが貯まる場合が多いので、いわゆる「ポイントの二重取り」ができるのが魅力です。

» » » クレジットカードでのチャージはこちら



現金でチャージする場合

現金でチャージする場合は最大2.5%の還元が受けられます。

Amazonチャージの仕組み

現金でのAmazonチャージの使い方

プライム会員である必要はありませんが、ベスト還元率にするには会員になっている必要があります。

Amazonチャージの還元率

» » » 現金でのチャージはこちら

なお、いずれの場合もチャージしたポイントの有効期限は約10年と長いのですぐに使いきれなくてもまったく問題ありません。サクッとできて必ず得できるテクニックなので、Amazonでお買い物をする前に、ぜひ、やっておきましょう

ミス3:偽の値下げにだまされる

販売者がセールと謳(うた)っていても、実際は「直前に値上げをして、セール期間中に値段をもとにもどす」ことで値引きを装っているケースがあります。そんな偽の値下げ、フェイク・セールを見抜くために活用でるのが「Keepa」。


グラフで価格の推移がわかるので、本当にセール期間に安くなっているのか、またどれほど安くなっているのかがわかります。Chromeなどのブラウザエクステンション、iOS/Androidのアプリとして提供されているので、値段の推移をみて買い物をしましょう。

ミス4:ポイントアップにエントリーしない

Amazonではセールと同時に最大5,000ポイント還元ポイントアップキャンペーンが行われます。セール開始と同時にチェックして、必ず買い物の前にエントリーするようにしましょう。無料で、1秒、カンタンにできるのでやらないのは本当にもったいない……!


ミス5:サブスク、デジコンのセールを見逃す

セール期間中は商品(プロダクト)に目が行きがちですが、AmazonはKindle本(電子書籍)のセール販売と、読み放題のサブスクリプション・サービスの大幅値下げも行なっています。


また、電子書籍やマンガが読み放題の最強サービス「Kindle Unlimted」が99円で2カ月試用できるというセールキャンペーンも実施されています。春からは読書に力をいれよう……! という人は必見です。


以上、Amzonのセールで賢トクをする方法でした! 準備ができたら、以下のセールページからお買い物を楽しみましょう!

Amazon「新生活SALE」のページ

(↑)画像をタップ/クリックするとリンク先ページへ移動します



参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!