イーロン・マスク「5兆円でTwitterを完全買収する」その目的と現実味

イーロン・マスクはTwitterを完全買収できるのか?


Twitterの取締役会がマスク氏の申し出を承認するかどうかは、まだ不明です。同社は、オファーを受け取ったことを認め、取締役会は「当社とTwitterの全株主にとって最善な行動を決定するため、提案を慎重に検討する」と述べています。

テック系メディア「The Verge」によると、サンタクララ大学法学部准教授のスティーブン・ダイアモンド氏は「彼がこれをよく考えたかどうか、疑問に思うだろう」と話したとのこと。そもそも敵対的買収とは、会社の経営陣の協力なしに会社を買うため、多額の資金が必要になります。

「(敵対買収を)真剣に検討するのであれば、事前に資金調達の準備をするものです」とダイヤモンド氏は言い、マスク氏がそれを行っていないことを指摘しました。

対して、コーポレートガバナンスの専門家であるコロンビア大学のジョン・コーフィー氏は、マスク氏は簡単に資金を調達できると示唆。また、マスク氏はTwitterの取締役会に圧力をかけ、自分の要望を通そうとしているのかもしれない、とコーフィー氏は述べています。

マスク氏は、株主に会社の一部を売却するよう説得しようとしていますが、そう上手くもいかないようです。Twitterの株主であるサウジアラビアの投資家、ワリード・ビンタラール王子は、すでに「成長の見通しと合わない」として、この申し出を拒否する旨をTwitterで表明しています。

私は@elonmuskが提案した54.20ドルのオファーが、Twitterの成長見込みを考慮すると、本質的な価値に近いとは思わない。

Twitterの最大かつ長期的な株主の一人である@Kingdom_KHCは本提案を拒否します。

なおマスク氏は「TED」で「全額を支払うことは可能だが、そうはしたくない」と話し、「法律で許される限り多くの株主を維持するつもりだ」と述べていました。そして同氏によれば、この計画には「プランB」もあるとのこと。


今後どのようにイーロン・マスク氏が動くのかは不明ですが、Twitter社を戸惑わせていることは確かでしょう。同社のパラグ・アグラワルCEOは従業員を安心させるため「何が起こるかは、社員である我々がコントロールする」と伝えたと報告されています。

また、米経済紙「Bloomberg」によれば、Twitter社はイーロンマスクによる敵対買収を阻止するために「ポイズン・ピル」での対抗策も検討しているとされています。イーロン・マスクが本気なのかどうかに関わらず、Twitterの完全買収という計画がすんなり進むことはなさそうです。

記事を最初から読む

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!