iPhone 14 Pro:ノッチ廃止、4800万画素カメラ搭載で出っ張り継続などの最新リークを基にした仮想CG



» 新型「Macbook Pro」がM2 Pro/Maxチップ搭載で2022年中リリース、9台の新モデルが開発中との噂




2022年に登場する見込みの新モデル「iPhone 14 Pro」の仮想CGを、海外YouTubeチャンネル「Technizo Concept」が公開しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Technizo Concept ,MacRumors

「iPhone 14 Pro」の仮想CG。カメラが大幅強化の噂


こちらが「iPhone 14 Pro」の仮想CG。


「iPhone 14 Pro」について、著名アナリストのミンチー・クオ氏は「ノッチがなく、パンチホールデザインが採用される」としています。


ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏はさらに、「iPhone 14 Pro」には円形と楕円形の2つのパンチホールが搭載されるとリークしました。ただし、これはProモデルに限られるそうです。

カメラユニットは平坦なデザインになるという説もありましたが、現在では飛び出したデザインが継続されるとの噂が有力です。


クオ氏によれば、「iPhone 14 Pro」モデルの広角カメラは、現在の1200万画素から4,800万画素にアップグレードされ、8Kビデオ撮影に対応するそうです。ただし、カメラの飛び出しはやや増加するとのこと。

このカメラは明るい環境では4800万画素の写真撮影が可能で、低照度下ではピクセルビニングを利用することで明るい写真を撮影することができるとクオ氏は述べています。


クオ氏は8Kビデオ撮影機能によって、Appleが開発中のAR/VRヘッドセットのようなデバイスに対応したコンテンツをiPhoneで作成できるようになると予測しています。

なお、経済紙記者のマーク・ガーマン氏は以前、このモデルに搭載されるiOS 16ではAppleのAR/VRヘッドセットとの連携するためのプログラムが盛り込まれているとリークしていました。

カラーに関してのリークはありませんが、今回の仮想CGでは、渋めなワインレッドやグリーンのモデルが登場しています。


ただしこのカメラのアップグレードはProモデルに限定され、通常モデルは控えめなアップグレードとなるようです。通常通りであれば「iPhone 14」シリーズは2022年の9月に登場する見込みです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!